「評価方法・検査方法」タグアーカイブ

療法士のリハビリ知識

理学療法に欠かせない「動作分析」をマスターしよう!

理学療法での評価において欠かせない検査測定のひとつに、「動作分析」というものがあります。 理学療法士は肉眼で患者さんの動作を観察して、その中にある異常性の原因を突き止める技術を求められています。原因を解明できるか否か、こ …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「ブレーデンスケール」とは?褥瘡予防に欠かせないリスクアセスメントのすべて

褥瘡(床ずれ)は、寝たきり状態の患者さんに起こりがちな疾患です。 同じ部位を圧迫され続けることで血流が阻害され、皮膚や軟部組織が壊死してしまうことを指します。 患者さんの身体に大きな負担をかけてしまう褥瘡は、「つくらない …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

画期的な治療法「キネシオロジー」とは?【心と身体の統合セラピー】

人間の心と身体は密接に関係して、互いに影響を及ぼしあっています。 緊張すると声が小さくなる、怖いと足がすくむ……など、誰もが経験したことのある現象ですよね。 実は人間の筋肉には、怪我や病気に限らず、さまざまなストレスに反 …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

国際的な認知症テスト「MMSE」とは?評価方法、ポイント、注意点

認知症の疑いがある人のために作られた検査の中で、もっとも有名なのが「MMSE(ミニメンタルステート検査)」です。 口頭による11問30点満点の質問形式によって行われるもので、国際的に利用されています。 1975年、アメリ …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「三宅式記銘力検査」で、記憶障害を評価する!

高次脳機能障害の代表的な障害の一つに挙げられる、「記憶障害」。 認知症や精神疾患分野でも重大な障害と目されていますが、患者さんの重症度によって、障害に対するアプローチ方法も当然変わってきますよね。 「この患者さんは、どの …

続きを読む
  • 0