「介護リハビリ」タグアーカイブ

療法士のリハビリ知識

”共感”の認知症ケア「バリデーション療法」とは?

高齢社会にある日本で、増え続けている認知症患者。団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には、患者数が700万人に達する見込みです。 参考:厚生労働省「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「デュアルタスク」で脳を活性化して、認知症を防ぐ方法とは?

「認知症」は後天的な脳の障害により、認知機能が低下する疾患です。我が国における認知症高齢者の数は年々増加の一途を辿っており、2025年には患者数が700万人を超えるとも言われています。 参考:厚生労働省 「認知症施策推進 …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

「認知症ケア専門士」とは?仕事内容、なるには、資格取得のメリット

後天的な脳の障害により、認知機能が著しく低下してしまう疾患「認知症」。 高齢社会へ向かっている日本では、認知症に罹患する人の数が年々増加しています。団塊の世代が全員75歳以上になるとされる2025年には、患者数は700万 …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「生活行為向上マネジメント」とは?これからの作業療法のあり方について

団塊の世代が全員75歳以上になる2025年以降に向けて、日本では地域包括ケアシステムの構築が急がれています。 高齢者が住み慣れた地域でいきいき暮らせるようになるために、地域で総合的な支援を行っていこう、というものです。 …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

セラピストの視点で褥瘡を防ぐ!気をつけたいポジショニング

寝たきりの患者さんに起こりがちな「褥瘡(床ずれ)」。 どれだけ注意していても慢性化しがちなこの疾患は、患者さんの基礎疾患に上乗せして、身体に大きな負担をかけてしまいます。 理学療法士として、褥瘡を予防するためのポジショニ …

続きを読む
  • 0
療法士×エンタメ

【喪失の時代】老年期の患者さんに、作業療法士ができる集団療法とは?

人間が迎える「老年期」は、喪失の時代と呼ばれています。 健康や心身機能が衰え損なわれてしまったり、経済的自立や生活行為への自信を失ったり、配偶者や親しい友人と死別したり……。 長く生きるにつれて、失うものも多くなってしま …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

地域包括ケアシステムが、作業療法士に求めるものとは

年々高齢者が増加の一途を辿る日本において、リハビリ職はこれから「地域包括ケアシステム」という幅広い概念の中で活躍することが期待されています。 これまでは病院や介護施設の中で業務を行うことが多かった作業療法士が、地域でどの …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

「機能訓練指導員」とは?注目度NO.1の職種を徹底解剖

団塊の世代が全員75歳以上の高齢者になるとされる2025年。 それに向けて地域包括ケアシステムの構築が急がれるなど、高齢社会へ向かっている昨今の日本では「介護予防分野」がかなり盛り上がっています。 少しでも高齢者の自立を …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

ファンクショナルリーチテストの目的・やり方・評価を徹底解剖!

高齢者に対する介護予防事業が全国的に盛んになっている今日。 さまざまな効果判定が報告されていますが、その中で一般的に用いられている評価項目が筋力や柔軟性、バランス機能です。 筋力検査ならしゃがみ込み試験や器具を用いた測定 …

続きを読む
  • 0