「療法士の悩み」カテゴリーアーカイブ

療法士の悩み

職場での「いじめ」はどう対処すべきか?

「いじめ」と聞くと、多くの人は小学生時代・中学生時代のことを思い返すのではないでしょうか。一人を標的にして、大勢で無視をしたり嫌がらせをしたり、ひどい時には暴行を加えたり……。自分が当事者だったかはさておき、学生時代のい …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

関東圏のセラピストに勧めたい!お手頃価格の役立ちセミナー【7~9月開催】

日々勉強し、スキルアップしていくことが望まれるリハビリ職。そのために参考書を買って自習に励んだり、休憩時間を惜しんで先輩や上司に臨床の相談をしたり……時には終業後や休日を費やして、「勉強会」に参加している方も多いのではな …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

仕事をテキパキこなすための「タスク管理」とは?

経験年数を重ねるほど増えるのが、仕事量と責任というもの。 特にリーダー職や中間管理職になったセラピストは、臨床業務以外にも部下の育成や組織活動に関することなど、さまざまな業務を抱えているのではないでしょうか。 臨床業務だ …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

「助けてあげたい」と思われるコミュニケーションスキルで、自分のビジョンを実現させよう!

記事をお読みいただき、ありがとうございます。 理学療法士の小杉雄太郎です。 「セラピストから社会をリハビリテーションする」 これは私の夢でもあり、活動のビジョンでもあります。 このビジョンを実現させていくためには、セラピ …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

「それでも料理がしたいのよ」片麻痺患者さんの家事動作、どう指導する?

現在、日本にいる脳梗塞の患者数は約117万人。脳血管疾患で死亡したうち、6割近い患者さんが脳梗塞だと言われています。 脳神経外科でリハビリを受けにくる患者さんも、おおよその方が脳梗塞による片麻痺や高次脳機能障害を発症した …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

利用者さんの思い込みを変換する、デキるコーチング介入のしかた

さる6月11日(日)、名古屋にて、あの「リアル臨床東海2017」に講師として参加してまいりました! この講演では『動作への思い込みを変換するコーチング介入』というテーマで、普段の(特に訪問リハビリでの)臨床感を発表させて …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

もう迷わない!リハビリ職におすすめの参考書ランキング

患者さんや利用者さんの身体に関わる職業として、日々の勉強がとても重要視されているリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)。 しかしリハビリ職向けの勉強会やセミナーの参加費は、基本的に高額である場合がほとんど。安い …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

「どうする!?」リハビリ拒否の患者さんに、セラピストができること

セラピストとして多くの患者さんと接していると、中にはリハビリに対して消極的な方と出会うこともあります。 時にはリハビリそのものを拒否されてしまい、コミュニケーションを上手くとれないということも……。 そうした時、セラピス …

続きを読む
  • 0