「療法士のリハビリ知識」カテゴリーアーカイブ

療法士のリハビリ知識

”共感”の認知症ケア「バリデーション療法」とは?

高齢社会にある日本で、増え続けている認知症患者。団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には、患者数が700万人に達する見込みです。 参考:厚生労働省「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

原因不明!?いきなり耳が聞こえなくなる「突発性難聴」とは?

ある日突然、聞こえていたはずの耳が聞こえなくなり、耳鳴りや耳が塞がった感じの症状が見られたら……それは突発性難聴かもしれません。 アーティストや俳優が突発性難聴に罹患したというニュースは、世間でもたびたび取り上げられます …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

維持期のリハビリで、セラピストがすべきことは?【セラピストの働き方シリーズ】

リハビリテーションは、「疾患や怪我によって失われた、患者さんの生活を取り戻す」ことを目的としています。そのためには患者さんの身体状況や回復段階にあわせて、それに適したリハビリプログラムや実施頻度を考えていく必要があります …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

回復期のリハビリで、セラピストがすべきことは?【セラピストの働き方シリーズ】

リハビリテーションの目的は「疾患や怪我によって失われた患者さんの生活を取り戻す」こと。そのためには患者さんの回復状態にあわせて、リハビリテーションの内容や頻度を変えていく必要があります。 リハビリテーションの段階は、主に …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

急性期のリハビリで、セラピストがすべきことは?【セラピストの働き方シリーズ】

怪我や疾患によって失われてしまった患者さんの生活を取り戻す……それがリハビリテーションを行う目的です。 身体機能を改善するためには、患者さんの健康状態や怪我・疾患の回復状態にあわせて、リハビリテーションの内容を適宜変えて …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

理学療法に欠かせない「動作分析」をマスターしよう!

理学療法での評価において欠かせない検査測定のひとつに、「動作分析」というものがあります。 理学療法士は肉眼で患者さんの動作を観察して、その中にある異常性の原因を突き止める技術を求められています。原因を解明できるか否か、こ …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「デュアルタスク」で脳を活性化して、認知症を防ぐ方法とは?

「認知症」は後天的な脳の障害により、認知機能が低下する疾患です。我が国における認知症高齢者の数は年々増加の一途を辿っており、2025年には患者数が700万人を超えるとも言われています。 参考:厚生労働省 「認知症施策推進 …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「促通反復療法(川平法)」って?片麻痺を改善する脳へのアプローチ

かつて、脳卒中の後遺症である片麻痺は、治療しても治らないものだと考えられていました。一度破壊されてしまった神経細胞は二度と再生しないため、従来のリハビリでは、非麻痺側を日常生活で使えるようにする訓練が重視されていました。 …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

「生活行為向上マネジメント」とは?これからの作業療法のあり方について

団塊の世代が全員75歳以上になる2025年以降に向けて、日本では地域包括ケアシステムの構築が急がれています。 高齢者が住み慣れた地域でいきいき暮らせるようになるために、地域で総合的な支援を行っていこう、というものです。 …

続きを読む
  • 0