武藤竜也
むとうドットコム 代表、光プロジェクト株式会社 取締役。社会人経験後、作業療法士となり臨床経験5年目で老健副施設長に就任。自ら設計したひのき個浴で生活リハビリを推進、当時2割を占めた機械浴利用者をゼロにするなど、職員と力を合わせ施設の業務改善に尽力する。その後施設は地域でも一目置かれる存在に。現在は独立し、介護施設専門の業務改善アドバイザーやパソコンの修理販売の事業をするかたわら、ショッピングリハビリ®で全国展開をする企業の運営をし、多方面に活動を広げている。

武藤竜也 のすべての投稿

療法士のキャリア

これからの療法士が知っておきたい、「仕事とお金」についての話

早いもので、私が独立して1年になろうとしています。 ようやく確定申告も済ませ、一息ついているところです。 おかげ様で仕事も順調ですし、私生活でも、ちょこちょこ走り回る1歳の娘に振り回されながら、一日、一週間、一ヶ月とあっ …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

激動のセラピスト供給過多時代。最後に残るのは、技術ではなく「人」なのです

今年の春、私は雇用されて生きることをやめ、独立起業しました。 選んだ仕事は、医療介護業界専門のパソコン修理販売。そして、介護施設などの業務改善アドバイザー。 今の私は「作業療法士」というより、「作業療法士資格を持っている …

続きを読む
  • 0
療法士のリハビリ知識

排泄ケアからリハビリの意味を知った療法士の話

「見て見て!さっき、ハルミさんがすごく大きなウンチをしたの!」 デジカメを手にした理学療法士の女性が、トイレから介護ステーションへ興奮気味に駆け込んできました。そして撮った写真を、介護スタッフ達に見せて回ります。 写って …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

地域の求める療法士になるために、まずは情報収集を

「自分の強みを地域で活かして活躍したい!」と思う療法士の方は多いのではないかと思います。あなたも、その一人ではありませんか? 療法士には学ぶことに積極的な方が多いですから、きっと数多くの学びや経験から何かしらの強みを手に …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

利用者を蔑ろにしてまで生き残ろうとする療法士へ。忘れないで欲しい。あなたの仕事の目的は、困った人のお役に立つことなのです。

私が老健の副施設長をしていた頃、施設内で尊敬していた人がおりました。 その方は、いつもニコニコ笑顔で誰にでも「おはようございます!」「お疲れ様です!」と仕事の手を止めて元気な挨拶をしておりました。 顔には汗を滲ませて、黙 …

続きを読む
  • 0
療法士の悩み

老健の医療職の仕事は、介護職が仕事をしやすいようにサポートすることなんです

我々は専門職として自分たちの強みや立ち位置というものに当然こだわるものであり、また守らなくてはならないものです。そしてこれから更に高みを目指さなくてはならないものであると思います。 しかし、もしその自分たちの専門職に対す …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

これからの時代に求められているリハビリテーションの在り方に、作業療法士は応えていけるのか

先日、とある療法士養成校の作業療法学科長とお話させていただいたところ、作業療法士の新卒求人数は急増しており、近年にない問い合わせをいただいているとのことでした。これから当分は、「作業療法士バブル」が起きるのかもしれません …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

「患者・利用者さんのために!」が多職種協働の目的にならない理由

皆さんはきっと、「患者・利用者さんのために」という気持ちで真剣にお仕事をされていると思います。職種を問わず共通のことですよね。きっとこんな話も聞いたことがあると思います。 「お金を払ってくれているのは患者・利用者さんなの …

続きを読む
  • 0
療法士のキャリア

「開業」も療法士のキャリアアップの選択肢になる

これからの社会情勢を鑑みると、医療・介護報酬の削減に拍車がかかることは間違いなさそうです。そのなかで、いかに利用者・患者さんを幸せに出来るか。そして働く我々自身も幸せになるか。 これからは、こうしたことを経営側だけでなく …

続きを読む
  • 0