職場での「いじめ」はどう対処すべきか?

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

いじめ」と聞くと、多くの人は小学生時代・中学生時代のことを思い返すのではないでしょうか。一人を標的にして、大勢で無視をしたり嫌がらせをしたり、ひどい時には暴行を加えたり……。自分が当事者だったかはさておき、学生時代のいじめは身近な出来事だったと思いませんか。

しかし、いじめは子ども達の間だけで起こっていることではありません。
社会人になっても、職場で嫌がらせや意図的な無視をされる……「職場いじめ」が存在するのです。もしかしたら、みなさんの中にも心当たりのある方がいらっしゃるのでは?

それでは、職場いじめに遭遇したらどうすればいいのでしょうか?
この記事では、「職場いじめの対処法」についてまとめてまいります。

なぜいじめは起こるのか?

職場 いじめ 対処
そもそも、どうして職場いじめが起きてしまうのでしょうか。
それは世の中に一定数、「気に入らない相手を攻撃しないと気がすまない」性分の人間がいるからです。
いい大人が同じ職場のメンバーをいじめることは、非常に情けなくて恥ずかしいこと。にもかかわらず、加害者はそれに気づいていないのです。
自分に非がない場合でも被害を受けることはありますが、いじめるのに都合のいいきっかけを相手に与えないよう、もう一度仕事中の態度や振る舞いを見直してみましょう。

  • ・仕事ができない:仕事を覚えず、同じミスを繰り返す。しかも反省が見られない
  • ・嫉妬の対象になる:自分の優れた能力について傲慢、自慢げな態度をとる
  • ・社会性がない:横柄で感じが悪い、挨拶もろくにできない

以上のような悪印象を与える態度や振る舞いは控えましょう。特に新人は何かと目をつけられやすいので、序盤の印象でつまずいてしまうと「こいつを職場から追い出そう」といじめが始まってしまいかねません。

職場いじめをする人の特徴

職場 いじめ 対処
職場はさまざまな人間が集まってともに仕事をしている空間です。当然相性の良し悪しは生まれますし、「この人嫌だな、苦手だな……」という感情を持ってしまうのも仕方のないことですよね。
しかしそこで上手に付き合う方法を模索せず、攻撃しよう・無理やり思い通りにさせようとするのは望ましくありません。職場いじめをする人がどうしてそのような行動をとるのか、いくつか予測してみましょう。

私生活が充実していない
自分の私生活が満たされていないからと、他者を妬んで八つ当たりします。
自分より充実している相手をけなし、マウンティングしよう試みます。
性格がひねくれている
自分が優位に立っていないと不満、といった人物などが挙げられます。
自分の優位性を脅かす相手を攻撃し、場の空気を悪くします。
鬱憤を晴らしている
家庭に居場所がないなどの個人的な鬱憤を、職場の弱い立場の人にぶつけることで晴らそうとします。

相手の勝手な都合に振り回されて、自分だけが不快な思いをさせられているケースがほとんど。こうして見ると、いかに「職場のいじめ」が一方的で理不尽なものかがよくわかりますよね。
自分に非がある場合は素直に認めて、改める姿勢が大切です。しかし上記のような性質でいじめてくる相手に、過度に追い詰められる必要はありません。

職場のいじめはどう対処するか


職場いじめをしてくる相手がどれだけ人として恥ずかしい存在か……わかっていても実害をこうむれば、精神的な負担も大きくなりますよね。いじめはなくなるのが一番ですし、もし当事者になってしまった場合には事態の改善に動くべきでしょう。
職場いじめの対処法について、まとめてまいります。

自分のペースで仕事をする

もしあなたが職場いじめの標的にされてしまったとして、自分の上司が加害に関わっていない場合。暴行や度の過ぎたハラスメントでなければ、無視して仕事に打ち込む方がいいでしょう。上司が無関係なら、仕事の評価を不当に下げられたり、雑務を押し付けられたりすることはそうそうないからです。

職場は仕事をするための場所です。くだらないことをしている人間など無視して、自分の仕事を一生懸命頑張りましょう。
それで成果が認められれば、相手もあなたをいじめるモチベーションを保てなくなっていくでしょう。いじめで弱っているところを相手に見せないよう、いつもより元気に、明るく振る舞うのもよいですね。

上の立場の人に報告する

無視しきれないレベルのいじめを受けた場合は、一人で抱え込まず、先輩や上司に相談するのがいいでしょう。
上司なら仲裁に入ってくれたり、状況を改善するために動いてくれたりするはずです。上長に相談できなければさらに上の責任者か、人事担当者、社内の相談窓口に相談してもいいですね。
また、相談相手が先輩であれば、加害者の性格を知っていたり、今までの職場の人間関係について知っていたりと、さまざまなアドバイスをしてもらえるでしょう。

そもそも、会社は従業員の生命・身体の安全を確保するための配慮をする義務があります。

労働契約法 第5条
使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

いじめは被害者に肉体的・精神的苦痛を与える行為であり、「労働者の生命・身体の安全」を脅かすものと定義できます。
社員からいじめの報告を受けたら、会社はその問題を解決するために、加害者への指導やいじめの再発防止策を考えなければならないのです。
もし会社が職場いじめを放置した場合には、職場環境の保護や配慮を怠ったとして。損害賠償請求を行うことも可能です。

いじめの証拠を残しておく

上司や先輩への相談の際は、いじめがあったことを客観的に証明する必要があります。主観的な訴えだけでは、「それはコミュニケーションだったんじゃないの?」「注意が少しきつくなっただけでしょ?」と、取りあってもらえない場合があるからです。
いじめの現場は、可能であれば動画撮影・音声録音しておくのがいいでしょう。社内のメールで暴言を書かれた場合なども、削除せずにとっておきます。
録画・録音が難しい場合は、日記などを書いて毎日どのようなことをされたか記録しておくのがいいですね。

異動願を出す、転職する

いじめの加害者と一緒に働くことは苦痛ですよね。仮に問題が解決したとしても、その後気まずい思いをすることがほとんどでしょう。しかし生活もあるため、すぐに仕事を辞めるわけにもいきません。
そんな時には、異動願を出して他部署に移るのもひとつの手です。異動先にいじめがないとは言い切れませんが、いじめられるのをずっと我慢し続けるよりは建設的です。

異動がない、あるいは上司もいじめに加担しているなどの場合には、転職も視野に入れた方がいいですね。さまざまな対処法を試しても効果がないということは、職場の風潮としていじめが蔓延しているとも捉えらます。
そのようなところで心身に負担をかける必要はまったくありません。会社の人間関係は運によるところが大きいですが、毎日つらい思いをするくらいなら新しい環境を探す方がよいでしょう。

第三者機関に相談する

社内での解決が困難な場合は、弁護士や司法書士、労働局、公共機関での相談窓口などの、第三者機関に相談することも検討しましょう。

弁護士・司法書士

弁護士会・司法書士会が主催するADR(Alternative Dispute Resolution=裁判外紛争処理手続)を利用するのがおすすめです。
法律の専門家立ち会いのもと、両者の話し合いを行います。違法な解決策が提示される心配もありませんし、要点を絞って話しあえることで、早期の解決も望めるでしょう。
それでも解決しない際には、加害者にいじめをやめさせる仮処分申請の裁判を行います。

労働局

前述の通り、会社には職場いじめをやめさせて、再発防止策を講じる義務があります。もし職場いじめを会社が放置しているようなら、労働局に「個別労働紛争解決」の申し立てを行うのもいいでしょう。
各都道府県に設置されている労働局は、当事者からの申し立てによって問題解決の助言や指導を行うことができます。書面を提出する必要があるので、近所の労働局に足を運んだり、ホームページをよく確認したりしてみましょう。

上司の立場から、職場でいじめを見つけたら

職場いじめはチームの団結や生産性を阻害する悪しきものです。無視して放置するのは、けして許されることではありません。あなたが部下を持つリーダーやマネージャーであるなら、対処法をマスターしておく必要があります。

どうやって探知するか

職場いじめを探知するには、チーム内に突然グループや派閥ができていないか、状況に注意する必要があります。誰かが仲間外れにされている可能性に気を配りましょう。
また、業績や意欲・態度が突然悪くなった社員にも注意が必要です。新人が入った直後など、チーム内の力関係に著しい変化があった場合は、聞き取り調査を行うなど、よく調べて観察するようにしましょう。

どのように対処するか

いじめる側・いじめられる側ではない第三者のポジションとして、どのような対処が必要か考えてみましょう。

社員からの報告を絶対に無視しない
職場いじめの兆候やいじめに関する苦情が出た場合は、解決のためにすぐ行動することが大切です。
社員からの報告を無視して対処を怠れば、チームの士気が下がってしまうばかりでなく、いじめを受けた社員が辞めてしまうかもしれません。さらには会社に対して、損害賠償訴訟を起こされる可能性もあります。
ポリシーとプロセスを策定する
・苦情に対してきちんと調査が行われる
・報告した社員を保護するための行動がとられる
・いじめに対して処罰が下される
といった、いじめ撲滅のための明確なプロセスを策定するのが大切です。いじめの被害者と加害者が同じところで働き続けるような状況を作らないようにしましょう。
いじめの起きない文化を作る
いじめとは何か、加害者がどのような処罰を受けるか明確化します。
会社としていじめを許さない姿勢を打ち出し、誰もが見られるところでアピールすることが大切です。

部下が安全な職場で働く権利は、リーダーやマネージャーであるあなたが保証すべきものです。チーム内でいじめの気配が感じられた場合は、断固たる態度で介入していきましょう。

参考サイト
・Robert Half「職場イジメへの対処法:真のリーダーならどうするか」(2015年6月29日)
・労働トラブルねっと!「職場いじめ・社内いじめを受けている場合の対処法」(2017年5月12日)
・5セカンズ「職場いじめの対処法5つ」(2017年7月26日)
・イケジョ通信「職場でのイジメへの対処法」(2015年8月26日)

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読