整形外科で活躍する理学療法士になるには【セラピストの働き方シリーズ】

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

理学療法士は病院やクリニック、介護施設、特別支援学校など……さまざまな職場で活躍することができます。
とはいえ、同じ理学療法士でも職場次第で働き方は大きく変わります。1日の流れも求められる能力も、仕事内容の詳細もそれぞれ違うのです。

この記事では、「整形外科クリニックで働く理学療法士」について考えてまいります。

働き方シリーズの連載はこちら

整形外科クリニックとは

整形外科 理学療法士

クリニックとは「入院患者のためのベッドがない、あっても19床以下だけの病院」です。日本語では診療所と訳される、通院する患者さんを対象にリハビリを施す施設を指します。
通院しているのは、変形性膝関節症や椎間板ヘルニアといった整形外科疾患を抱える患者さん。
理学療法士は患者さんの機能改善を目的として、運動療法・物理療法を組み合わせてリハビリを行っていきます。

整形外科クリニックで請求できる診療報酬点数

リハビリテーションによる診療報酬点数は疾患の種類ごとに分けられていますが、整形外科クリニックでは3段階の「運動器リハビリテーション料」を請求することができます。

運動器リハビリテーション料Ⅰ 185点
運動器リハビリテーション料Ⅱ 146点
運動器リハビリテーション料Ⅲ 77点

※平成28年度

保険点数は「1点=10円」で計算するため、たとえば運動器リハビリテーション料Ⅰを請求した場合、クリニックは1850円を受け取ることができます。
この3段階の診療報酬点数をそれぞれ請求するには、クリニックが施設規模や勤務している理学療法士の数などの施設基準を満たしていることが必須です。

整形外科の理学療法士の主な仕事内容

整形外科 理学療法士

整形外科クリニックにおける理学療法士の仕事は、整形外科疾患をもつ患者さんへ、運動療法・物理療法によるリハビリテーションを行うことです。

【主な疾患】

  • ・肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
  • ・椎間板ヘルニア
  • ・脊椎圧迫骨折
  • ・変形性股関節症
  • ・変形性膝関節症
  • ・半月板損傷

など

こうした疾患に対して、関節可動域訓練や歩行訓練、超音波・温熱・赤外線などを発するリハビリ機器を使用し、さまざまな治療法によって患者さんの痛みや痺れを改善していきます。
患者さんはスポーツで怪我をした小中学生から、加齢によって腰痛が生じた高齢者まで、幅広い年齢層・症状の方がいます。なお、ほとんどの患者さんはご自身で通院されているため、トイレ動作の介助など身体介護に関わる機会はあまりありません。
そのほか、カルテ記入やリハビリ計画書の作成も業務のひとつです。

給料はどのくらい?

整形外科 理学療法士

整形外科クリニックでもらえる給料は、職場によってばらつきが出ます。それは同じ整形外科クリニックでも、施設によって母体の大きさに差があるからです。
整形外科病院に併設されているクリニックもあれば、一人の医者が個人で運営しているクリニックもあります。前者のような母体が大きいクリニックの方が、福利厚生が充実しており、給与額・昇給額も高い傾向にあるようです。
また、地域によっても待遇に差があります。地方よりも関東圏の方が、「週休2日」「年収400万以上」といった求人が多く出ているようです。職場の母体や地域によって、得られる給料は大きく異なります。

1日の仕事の流れ

整形外科 理学療法士

整形外科クリニックにおける理学療法士の業務は、ほとんど患者さんと1対1でのリハビリです。整形外科では、訪問リハのような患者さんへの送迎やデイサービスのようなレクリエーションなど、リハビリ以外の業務を行う機会は滅多にありません。

以下は、整形外科クリニックでの1日のスケジュールの一例です。

8:45~ 朝礼
9:00~ 診療開始、患者さん対応
13:00~ 昼休み
14:30~ 患者さん対応
18:30~ 書類業務、掃除、業務完了

整形外科クリニックは総合病院などに比べて休憩時間が長い傾向にあります(90~120分)。これは患者さんが混み合った際、医師の休む時間がなくなってしまうのを考慮してのことです。また、仕事終わりに通院する人にあわせて終業時間を遅らせる目的もあります。

整形外科に就職するメリットとデメリット

整形外科 理学療法士

整形外科クリニックを自分の職場にする場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか整理してみましょう。

メリット

治療医学を学びやすい

整形外科では身体の機能面に問題を抱えている患者さんを多く見るため、機能障害について深く考える機会が増えます。治療家として、「機能障害を改善する」技術を高めることができるのです。

デメリット

担当する患者さんが多い

整形外科クリニックでは、患者さんのリハビリを1単位(20分)で行うことがほとんど。そのため、3単位(60分)でリハビリを行う入院施設に比べると、担当する患者さんの数はかなり多くなります。病院と同じ単位数で行っていたとしても、受け持つ患者さんは3倍近くに増えます。
またリハビリ計画書は患者さんの数だけ作成しなければならないため、書類作成の仕事も診た分だけ増加します。
多くの患者さんと関わるのはスキルアップのチャンスですが、業務量が増えることも念頭に置いておきましょう。

リハビリ頻度が患者さんの都合で左右される

整形外科クリニックは患者さんから通ってもらう形態のため、継続して通院することが難しいケースもあります。痛みの強い時期で、状況をこまめに確認したいと思っても、「次に通院されるのは3週間後」となってしまう方も少なくありません。期間が空きすぎるために、患者さんの状態が変わってしまっていることも多々あります。
入院施設でリハビリの時間帯を調節できていた人にとっては、慣れるまでが大変かもしれません。

帰宅時間が遅くなりがち

整形外科クリニックでは、おおよそ終業時間の30分前に受付が閉まります。どれほど混み合っていても、数十名が診察待ちしていても、規定時刻までに受付を済ませていれば患者さんは診察を受けることができます。
そのため、理学療法士は終業時間を過ぎても、待っている患者さんの対応に追われることがしばしばあるのです。その後はカルテ記入や計画書作成などの雑務もあるため、定時での退勤はなかなか難しいといえます。
元々遅く設定されている終業時間からさらに遅くなる……その覚悟はしておきましょう。

入職時に確認しておくこと

整形外科 理学療法士

一口に整形外科クリニックと言っても、施設規模や母体によって、その特徴はさまざまです。ちょっとした違いだから!と気にせず入職してしまって、後で思わぬギャップに後悔してしまうケースは少なくありません。
事前に確認しておくべきポイントをご紹介いたします。

クリニックの将来性は安定しているか

医師が個人で経営している場合、院長や家族の高齢化によって、引退とともにクリニックを閉鎖してしまう可能性があります。そうなるとクリニックで働いていた理学療法士をはじめとするスタッフは職を失います。
経営者がどのような人か、後継者はいるのか、クリニックの将来性をしっかり把握しておくことが重要です。

患者さんの年齢層

幅広い年代の患者さんが通院する整形外科クリニックですが、各診療所によって「どの年代が一番多いか?」は異なります。スポーツ障害を訴える10代の学生が多いところもあれば、慢性的な関節痛で通っている80代以上の高齢者が多いところもあります。
メインターゲットの年齢層によって、担当する症状も大きく変わるのです。

どのような疾患・障害に対してリハビリを行っていきたいかを明確にした上でクリニックを選ぶといいでしょう。

入院施設からクリニックへ転職する人などは、クリニックのスピード感や忙しさに驚くこともあるでしょう。
しかし機能障害改善に対するスキルアップを望むなら、これ以上ないほど刺激的な職場になるはずですよ!ぜひ、検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読