作業療法士が養成校教員として働くには?【セラピストの働き方シリーズ】

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

病院やクリニック、介護施設や特別支援学級……作業療法士が活躍する場はさまざまです。
その中でも経験を積んだ作業療法士には、臨床現場を離れて「養成校の教員になる」という選択肢もあります。

しかし、資格を取得したときから「作業療法士養成校の教員になるぞ」と思っていた人はいないはず。多くの人はキャリアアップの選択肢として、教員への転職を考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、作業療法士の働き方のひとつ「養成校の教員になる」ことについてまとめてまいります。

作業療法士が養成校の教員になるには?

作業療法士 教員
作業療法士養成校には「専門学校」と「大学」がありますが、いずれにしても教員になるためには、満たさなければならない必要条件があります。
転職の際には十分に注意しましょう。

経験年数

作業療法士が養成校の教員になるためには、専門学校でも大学でも、5年以上の臨床経験が必要となります。
特に女性は結婚・出産などのライフイベントで、一度現場から離れる……と言う人も少なくありません。子育てが落ち着いてからまた作業療法士として復帰する、というケースも多いでしょう。

資格を取得してから5年以上経過していたとしても、臨床経験が5年以上なければ必要条件を満たしているとは言えません。
しっかり確認しておくことが望ましいですね。

学位

養成校の中でも大学で教鞭をとりたい、という場合には、経験年数に加えて「学位」が必要となります。
学位は大学・大学院課程を修了した人に与えられるもの
取得のためには研究が必須となるため、学位があることで「その人の研究能力はどれほど優れているのか?」を推し量る指標になるのです。

ちなみに大学の中でも、どの職位の教員になりたいかによって取得しなければならない学位は異なります。
助教授であれば「学士」以上、講師や准教授であれば「修士」以上、教授になると「博士」以上の学位が必要です。
なお「学士」は大学課程の修了、「修士」「博士」は大学院課程の修了によって得られます。
そのため、大学で教員になりたい作業療法士で、専門学校しか出ていない場合は、臨床現場で働きながら大学・大学院に通うことになります。

養成校教員の仕事内容

作業療法士 教員

作業療法士養成校の教員は、主に以下のような業務を担当します。

  • ・授業
  • ・実習、就職指導
  • ・学生指導
  • ・入試広報ほか学校全体の業務

作業療法士に求められる基礎的な知識と技術を、座学・臨床実習を通じて指導します。
また所属する養成校によってはクラス担任の役割があったり、セミナー業務を担当したりすることもあります。
体験入学などの対応で代休をとって休日出勤することもあるため、入職の際は業務内容をしっかり確認しておきましょう。

養成校教員の給料はどのくらい?

作業療法士 教員

作業療法士のキャリアアップの選択肢として挙がる養成校教員。
近年では養成校の増加や少子化による生徒数の減少により、全国的に給料が下がってきていますが……おおむね養成校教員の年収は、臨床現場で働く作業療法士の平均年収を上回ります。

年俸制を実施しているところがほとんどなので、前年度の業績によってはさらなる昇給も見込める場合があります。

しかしその分、教員の仕事にはイレギュラーケースが多いということを意識しておきましょう。
急な会議や実習時のトラブル対応、業務後の生徒相談など……残業が増えてしまうことは否めません。

教員として働くメリット・デメリット

作業療法士 教員

養成校教員としての働き方は、それまでの臨床現場とは大きく異なります。
作業療法士養成校への転職で得られるメリットおよびデメリットを紹介いたします。

メリット

幅広い視点からアドバイスを受けられる
臨床経験を5年以上積んでいることが必須条件である養成校教員には、経験豊富な作業療法士がたくさん在籍しています。
作業療法士になって5年ですぐに教員になろうという人も少ないため、養成校に転職する人10年15年と長いキャリアを歩んできていることがほとんど。
経験豊富な先輩から、さまざまな分野のことでアドバイスをもらえるでしょう。積極的に学ぶ姿勢でいるとよいですね。
説明能力が高くなる
授業で必要なのは、いかに教材文献や自身の経験をわかりやすく伝え、教えるかです。
生徒の理解が深まるような解説を工夫してメイン業務としてこなしていく間に、プレゼン能力を高めることができます。
臨床現場では人前で話す機会もそう多くないですが、キャリアアップにつれて、学会での研究発表や勉強会での講師を務めることも増えていくでしょう。
その際、自身の考えや意見をわかりやすく伝える力があることは武器になります。

デメリット

患者さんと関わる機会が減る
メインとなる業務が異なるため当然と言えば当然ですが、教員になると臨床現場に出なくなるため、患者さんと関わる機会が激減します。
職場によっては非常勤で臨床現場に勤めることも可能ですが、それでも普段の業務との兼ね合いを考えれば、週に一度が限度といったところでしょう。
臨床から離れることには思った以上の寂しさがあることを、あらかじめ理解しておけるといいですね。
仕事内容がより幅広くなる
養成校の教員の仕事内容は、臨床の頃に比べてかなり多岐にわたることになります。デメリットというほどではありませんが、転職前に留意しておくとよいでしょう。
教員が担当する業務は講義に加えて、学生の実習や就職に関する事務作業、実習地訪問、保護者面談、会議など……講義以外の業務の方が多いと言っても過言ではありません。
養成校教員となるためには、仕事に対する優先順位づけや、時間管理が重要となります。

転職時の注意点

作業療法士 教員

作業療法士養成校に転職して教員になる場合には、「専門学校と大学とで求人の見つけ方が異なる」という点に十分な注意が必要です。

専門学校

専門学校の場合、求人はほとんど公募されていません。
大抵は働いている教員からの紹介で、専門学校の卒業生だったり、臨床における評判がよかったりする作業療法士が採用されます。
専門学校で教鞭をとる人材には、教育に対する熱意や指導実績・人としての社会的信頼が求められているため、採用の際には人脈が重視されるのです。

専門学校に転職したい場合は、
「非常勤講師の依頼をされたときに快く受ける」
「臨床においても率先して教育を行う」
「勉強会などで積極的に発表する」
などの行動によって、人脈を作っていくのがよいでしょう。

大学

大学の場合は公募によって求人が出されていますが、これは大学の教員に「研究能力」が求められているからです。
学位を持っていることに加えて、どのような研究をしてきたのか・どのような実績があるのかが重視されます。

一口に作業療法士養成校の教員と言っても、求められている人物像は大きく異なっているのです。どちらに就職したいのかよく考えて、キャリアプランを立てていきましょう。

↓養成校教員などの希少な求人もご紹介しております↓

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読