理学療法士が養成校教員として働くには?【セラピストの働き方シリーズ】

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

理学療法士は病院やクリニック、介護施設や特別支援学級など、さまざまな場所で活躍することができます。
その中でも経験を積んだベテラン理学療法士には、理学療法士の養成校で教員になる、という選択肢も用意されています。

しかし最初から「養成校の教員になろう!」と思って理学療法士の資格を取得する人はなかなかいません。経験年数を重ねて、ようやく新しい働き方として検討する方がほとんどでしょう。
そのため「どのように養成校の教員に転職すればよいのか?」と悩む理学療法士も多いようです。

そこで今回は、理学療法士の働き方のひとつ「養成校の教員になる」ことについて考えてまいります。

理学療法士が養成校の教員になるには?

理学療法士 教員

養成校の教員になろうと思った場合、選べる職場は「専門学校」か「大学」のどちらかになります。
どちらも教員として就職するにあたって、必要条件があるので注意しましょう。

経験年数

専門学校でも大学でも、養成校の教員となるためには、理学療法士としての臨床経験が5年以上必要です。
理学療法士の資格を取得してから5年経っていたとしても、休職などによって臨床現場にいた年数が5年に満たない可能性もあります。
転職の際にはしっかり確認しておきましょう。

学位

大学で教員になろうとした場合には、大学に通って「学士」以上の学位を取得する必要があります。
助教授であれば「学士」以上、講師や准教授は「修士」以上、教授であれば「博士」の学位を持っていなければ、教員として働くことができないからです。

専門学校だけしか出ていない理学療法士の場合は、学士取得のために大学、もしくは修士・博士取得のために大学院に通う必要があります。
実際に大学教員を目指している理学療法士は、臨床現場で働きながら大学院に通っている人が多いようです。

養成校教員の仕事内容

理学療法士 教員

理学療法士養成校の教員は、主に以下のような業務を担当することになります。

  • ・授業
  • ・実習、就職指導
  • ・学生指導
  • ・入試広報ほか学校全体の業務

また所属する養成校によっては、系列施設での臨床業務にあたったり、セミナー業務を担当したりすることもあります。
体験入学などの対応で代休をとって休日出勤することもあるため、入職の際には業務内容などをしっかり確認しておくのが望ましいでしょう。

養成校教員の給料はどれくらい?

理学療法士 教員

理学療法士のキャリアアップの選択肢として挙がることの多い養成校教員。
理学療法士としての経験年数や実績によって左右されますが、給与は現場で働く理学療法士の平均額よりも高く設定されているようです。
前年度の業績から給与を交渉して決める年俸制のところが多いので、成果を上げればそれだけもらえる給与も多くなります。

しかしその分、教員の仕事にはイレギュラーなことが多くあります。
授業のほかにも生徒から研究に関する相談を受けたり、実習中のトラブル対応を行ったりと、業務外の仕事が急に入ってくることが多いのです。
臨床現場にいた時とはまったく違う忙しさがあることは覚悟しておきましょう。

また、ここしばらくは養成校の乱立や少子化による生徒の減少が原因で、以前よりも給与額が低下傾向にあります。
臨床現場の理学療法士よりは高いにせよ、給与が下がってきていることも意識しておくとよいでしょう。

教員として働くメリット・デメリット

理学療法士 教員

養成校の教員へ転職するとなると、臨床現場にいた頃とは大きく環境が変わることになります。
教員として働くメリット・デメリットをご紹介いたします。

メリット

時間の融通が利く
臨床現場では、患者さんや利用者さんなど、他者の都合にあわせて時間を調整する働き方になります。
しかし教員の場合は一日の業務をセルフマネジメントすることになるので、仕事量をコントロールして、自由な時間をつくり出すことが可能です。
空いた時間で勉強会に参加するなどして、自己研鑽することもできます。
知識を整理できる
他者にものを教えられるのは、その物事を深く理解している人だけです。そのため教員は必然的に、多くの学術的文献や教科書に触れて勉強することになります。
その結果、「教える」というアウトプットを通じて、自身の知識を整理・定着させることが可能になるのです。
また養成校には現場にはないような高価で高性能な機器も揃っていることが多いので、目的に応じて研究を行うこともできます。
社会的な信用度が高まる
「教職」の社会的な信用度の高さは、理学療法士業界でも変わりません。
教員という肩書きによって信頼されることで、人脈づくりや勉強会講師の対外的活動がやりやすくなることがあります。

デメリット

デスクワークが多くなる
養成校教員は授業教材や書類の作成のために、デスクワークが多くなります。
患者さんを部屋まで送るなど、立って動いていた臨床現場の頃に比べれば、どうしても運動不足になりがちです。
パソコンを使っての作業も増えますので、眼精疲労や肩こり、腰痛などに悩まされることも。
精神的なストレスを受けることがある
どの職種であっても精神的なストレスは受けるものですが、教員となった場合には、臨床現場にいた頃とはまた違ったストレスを受けることがあります。
教員は学生が抱える悩みやトラブルに対して、相談を受けたり対応したり、四六時中学生最優先で動くことになる……と言っても過言ではありません。
そしてこれらの問題は突発的に引き起こされるため、プライベートのときにでまで対応に追われるということもあり得ます。
身体面よりも精神面の負担が大きくなることは留意しておきましょう。

転職時の注意点

理学療法士 教員

養成校の教員に転職するときは、気をつけておかなければならないポイントがあります。
それは、専門学校と大学とで求人の見つけ方が異なるということです。

専門学校

専門学校の場合、教育に対する熱意や指導実績・人としての社会的信頼が求められるため、ほとんど公募が行われません。
大抵は卒業生の中から選考したり、関係者とパイプを持っている実績のある理学療法士に声をかけたりしているようです。そのため、求人サイトなどで求人を探すのは困難を極めるでしょう。

専門学校に就職したいということであれば、非常勤講師を引き受けたり講習会に参加したりして、転職に有利な人脈を作っておくことが大切です。

大学

大学の場合は研究実績が重視されるため、専門学校とは異なり公募が行われています。
「どのような学会で研究を発表してきたか」「どれだけの数の研究を行ってきたか」など、客観的に評価される実績の有無が重要です。

同じ理学療法士の養成校教員でも、求められている人物像が異なることを意識しておきましょう。

また臨床現場に戻りたくなったら……?

理学療法士 教員

養成校の教員になると、当然患者さんや利用者さんに対してリハビリを行う機会が激減します。非常勤として臨床現場に出る人もいますが、メインである教職の仕事との兼ね合いを思えば、週に一度が限度といったところでしょう。
そのため、毎日患者さんと向き合っている現場の理学療法士に比べれば、テクニックが多少衰えてしまう可能性が高くなります。

しかし、教員経験を経てから現場に復帰したからと言って、まったく施術ができなくなる……といったことはありません。
日々の臨床の中で、鈍った感覚も取り戻せるでしょう。

友だち登録でお得な情報をゲット!

友だち追加

↓希少な求人、無料で探すならこちら!↓

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読