補聴器と集音器の違い、あなたはわかりますか?

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

難聴者の聞こえを補う機器として、「補聴器」と「集音器」の2つがあります。
どちらも「音を増幅して耳に届ける」機能は同じですが、何が違うのかを知っている人は多くないようです。そのため、「どちらを購入したらいいの?」といった相談を受けることがよくあります。
ここでは、補聴器と集音器の違いについて説明していきます。

補聴器は管理医療機器、集音器は家電製品


まずは補聴器と集音器の位置づけから説明します。

補聴器

『補聴器』という名称で販売されている製品は、補聴器メーカーが厚生労働省に申請し、正式に医療機器として認定されたものだけです。
補聴器は薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、効果や安全性などについて一定の基準をクリアする必要があり、個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ製造販売はできないことになっています。
また、補聴器は消費者保護の観点から、販売方法も対面販売を義務付けられています。消費者の聞こえの状態に合わせて適合させていく「医療機器」と考えれば、対面で販売することは当然と思われます。

集音器

『集音器』という製品は、音を増幅する点にあっては補聴器と似た役割を果たします。しかし聴覚器に対する安全性を示しておらず、あくまで「家電製品」として販売されています。(家電機器としての安全性は他の法律で規定されています。)
販売方法も、電気屋さんの健康コーナーに置かれていたり、新聞広告やインターネットで通信販売されていたりと、消費者が簡単に入手できるような方法が多いです。

補聴器と集音器、ニーズにあわせて使って


目に触れる機会の多さ、価格の違い、手軽さ……こうした視点から、集音器は聞こえの補助具の入門用、という扱いをされています。

補聴器は対面販売の形式を取っているため、購入するのにハードルの高さを感じるかもしれません。また、補聴器は医療機器として安全性や補聴効果を追及しているため、価格設定も高めになっています。
一方、集音器は本人が店舗に赴かなくても購入できます。価格も補聴器に比べて安く抑えられているため、集音器は聞こえの補助具の入門用として、購入される傾向にあるのではないかと思われます。

しかし、聞こえの程度や補助具を使う場面はその人それぞれで違ってきます。
低い音が聞きにくい人、高い音が聞きにくい人、日常会話は問題ないが仕事中はもっと聞き取りたい人、補助具が必要だが音が大きすぎると頭が痛む人など……
これらに対応するためには、一人一人と相談しながらその人に合った音を調整していく必要があります。
補聴器はこの「音の調整」を大事にしているため、実際にお店にきてもらい、聞こえの程度や使う場面をお聞きしながら、その人にとって最適な音に調整していきます。
インターネットや家電量販店などで販売されている集音器では、決して真似できない細かなサービスです。

まとめ


『補聴器』と『集音器』は、基本的には違う位置づけの製品です。
実際には集音器でも効果を感じている方もいるため、必ずしも集音器が良くない製品ということではありません。
大切なのは、知識を持ち、機能を理解して使用することです。機能を理解せずに使用すると、満足のいく効果が得られなかったり、ひいては健康被害を受けてしまったりする危険性もあります。

国民生活センターでは、消費者へのアドバイスとして以下の3つを掲載しています。

  • ・フィッティングを受けて補聴器を購入するようにしよう
  • ・補聴器を購入する際は、業界の認定制度の下で一定の基準を満たした販売店で購入するようにしよう
  • ・難聴者は、集音器等を使用しないようにしよう

聴力の低下を感じる、難聴に関して気になることがある場合は、耳鼻科の専門医に相談して適切なアドバイスを受けることをお勧めします。
補聴器や集音器の使用を検討するのは、それからでも遅くはありません。

友だち登録でお得な情報をゲット!

友だち追加

↓簡単1分でリハビリ業界の限定情報をゲット!↓

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読