「促通反復療法(川平法)」って?片麻痺を改善する脳へのアプローチ

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

かつて、脳卒中の後遺症である片麻痺は、治療しても治らないものだと考えられていました。一度破壊されてしまった神経細胞は二度と再生しないため、従来のリハビリでは、非麻痺側を日常生活で使えるようにする訓練が重視されていました。

しかし昨今では脳科学の進歩により、「麻痺した手足を繰り返し動かす訓練をすれば、脳の可塑性(※)が発現して麻痺を改善できる」ことが明らかになりました。

※可塑性:損傷を免れた部位が、破壊された部位の役割を代行する能力

この発見により、近年では新しい片麻痺治療の開発や研究がさかんに行われています。

今回の記事では、そうした脳の可塑性に着目した治療法「促通反復療法(川平法)」についてまとめてまいります。

促通反復療法(川平法)とは?

川平法
促通反復療法(川平法)とは、麻痺した手足を操作(促通)して随意運動を繰り返させることによって、必要な神経回路を再建・強化させる治療法です。
鹿児島大学の名誉教授である医師・川平和美氏が考案したことから、「川平法」とも呼ばれています。

治療者による徒手的な操作と、患者さんの動かそうとする努力によって実現した随意運動を、1セット100回反復させるのが特徴です。
さらにいくつかの促通手技を併用して、より効果的に神経回路を強化していきます。

CI療法やPNFといった従来の促通法の試行錯誤性や努力性を排除したことで、より効率よく運動性下行路を強化することが可能になりました。

対象となる患者さんは?

川平法
促通反復療法(川平法)の対象となるのは、以下の症状に悩んでいる患者さんです。

  • ・脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中による片麻痺
  • ・脊髄損傷による四肢麻痺、対麻痺

促通反復療法(川平法)のトレーニング

川平法
促通反復療法(川平法)を用いて、セラピストが個別に治療を行います。
治療効果を高めるために電気刺激や振動刺激などを併用しながら、麻痺を改善して歩行や日常生活動作を取り戻していきます。

部位 トレーニング
肩甲骨 肩甲骨を動かす
肩関節の内転・外転
肩関節の屈曲・伸展
腕・肘 肘関節の屈曲・伸展
腕の回内・回外
手首・指 指の曲げ伸ばし
手関節を反らせる

治療効果を高める手技

川平法
上で挙げた促通を、より効果的にする手技についてまとめます。

意識集中

意識を集中して随意運動を実行しようとしてもらうことで、患者さんの下行性伝導路をさらに刺激することができます。
麻痺肢に注視したフィードバックを行うことも、痙縮のコントロールを容易にするために必要なことです。
患部にしっかり照準を当てていきましょう。

伸張反射

伸張反射は脊髄反射の一種です。
筋肉が引き伸ばされて筋紡錘が刺激されることによって、筋肉が収縮する反応を指します。

随意運動が障害されている場合、伸張反射によって動きを引き出すことができるのです。
腕や指などの曲げ伸ばしは繰り返し行っていくようにしましょう。

共同運動

片麻痺になると動かしたい筋の周りまで収縮してしまうため、分離した運動が難しくなってしまいます。
そうしたときには共同運動を利用して、動かしたい筋の近位部に抵抗をかけることで、目的の筋を集中的に緊張させましょう。

皮膚筋反射

動かしたい目的の筋がある部位の皮膚をさする、もしくは軽くたたくことで、筋の収縮を促通します。
筋力トレーニングで最大収縮を引き出す際にも利用される手技です。

リハビリを行う上でのポイント

川平法
促通反復療法(川平法)を用いて片麻痺のリハビリを行う場合、以下のポイントを踏まえておくとよいでしょう。

健側のトレーニングも欠かさない

体幹や健側が弱ってしまっていると、安定した姿勢バランスが取れないため、遠位筋の随意性を発揮することができなくなってしまいます。
麻痺側のコントロールはもちろんのこと、健側のトレーニングも並行して行うようにしましょう。

治療の順番は中枢から末端

どの部位から治療していくかはケースバイケースですが、原則的には中枢から末端に向かって進めていくことになります。
上肢であれば、肩→肘→腕→手首→指の順です。
患者さんによっては脳の活性や集中力を考慮して、逆から進めていくこともあります。

ただし下肢の場合は、股関節→足関節→足指の順が逆転することはほとんどありません。

促通反復療法(川平法)を習得するには?

川平法
促通反復療法(川平法)を習得する方法は、以下のものが挙げられます。

  • ・本やDVDを元に独学で勉強する
  • ・講習、セミナーを受ける

本やDVDを元に独学で勉強する

医学書院から、『片麻痺回復のための運動療法、促通反復療法「川平法」の理論と実際 第2版』というDVDつきの書籍が医療者向けに販売されています。
映像を見て動きのイメージを掴んでから、本を読んでいくのがよいでしょう。

一般向けにも促通反復療法(川平法)の本が出ているので、片麻痺患者さんのご家族も勉強することができます。

講習、セミナーを受ける

促通反復療法(川平法)を考案した川平和美氏が、医師や理学療法士・作業療法士を対象に講習会を開催しています。
5日間に及ぶ実技講習で、促通反復療法(川平法)の理論・手技や臨床での実施の仕方などを学びます。
初めて促通反復療法(川平法)を受講する入門講座と、技術と応用力を高める中上級口座が展開されていて、受講料はどちらも10万円です。
受講者は期間中、夜間に行われるないとセミナーにも無料で参加できます。
詳細:促通反復療法研究所 川平先端ラボ「入門、中上級講座」

片麻痺に悩まれている患者さんは、これからますます増えていくものと思われます。
セラピストとして、ぜひ新しいアプローチを試してみてくださいね!

友だち登録でお得な情報をゲット!

友だち追加

↓キャリアのご相談はこちらから↓

参考にさせていただいたサイト
促通反復療法研究所 川平先端ラボ

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読