「フレイル」とは?高齢者に起こりがちな心身機能の活力低下をどう防ぐ

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

2014年以降、高齢者の病気の専門医などから構成される日本老年医学会によって、「フレイル」への注意が呼びかけられるようになりました。
フレイルとはFrailty=虚弱・老衰のことであり、「筋力や心身の活力が低下してしまっている状態」を指します。
多くの高齢者はこのフレイルを経て、要介護状態に進んでしまうのです。

フレイル

今回の記事では、介護予防の新たなキーワード「フレイル」についてまとめました。

フレイルになるとどうなるか

フレイル
フレイル状態に陥ると、身体機能の低下や精神力の低下が引き起こされます。
ストレスに弱い状態となってしまうため、病気にかかりやすくなって入院を繰り返すようになってしまうのです。

健康な人ならただの風邪で済むものを、フレイル状態のせいでこじらせて肺炎を発症してしまったり、だるさから転倒して骨折してしまったり……。
入院先では環境変化によるストレスで感情のコントロールができなくなったり、自分がどこにいるのか分からないパニック状態に陥ってしまうこともあります。

こうした骨折・入院などをきっかけに、フレイルから寝たきりになり、要介護状態になってしまう高齢者が増加しているのです。
しかし周囲がフレイルの状態に気付いて対応できれば、健常状態へ改善する・要介護状態を防げる可能性があります。

フレイルの基準

フレイル
以下の5項目のうち、3つ以上当てはまるとフレイルの疑いがあります。

  • ・一年間で2~3kg以上、意図しない体重減少が起きている
  • ・最近、以前より疲れやすくなった
  • ・筋力、握力の低下
  • ・青信号のうちに横断歩道を渡れないなど、歩行速度が遅くなった
  • ・身体の活動性の減少

参考:NHK ONLINE 解説委員室『くらし☆解説「高齢者は注意!”フレイル”ってなに?」』

フレイルの原因

フレイル
フレイルを構成しているのは、主に3つの要因です。

  • 身体的要素:動作が遅くなった、転倒しやすくなったなど
  • 精神的要素:認知機能に障害がある、うつ病があるなど
  • 社会的要素:一人暮らしをしている、経済的に困窮しているなど

たとえば独居老人(社会的要素)が、身体機能の低下(身体的要素)により、買い物に行かないなど活動性を低下させてしまったとします。
すると栄養バランスを欠いた食事で済ませてしまったり、人と接する機会がなくなってしまったりして、ますます身体機能が衰え……さらには判断力や認知機能まで低下(精神的要素)してしまうのです。

こうした悪循環によって高齢者はフレイルとなり、やがて要介護状態に発展してしまうのです。

サルコペニアとの違い

フレイル
サルコペニアとは「筋肉量の減少により、筋力・身体機能が低下している状態」のことを指します。
加齢やさまざまな疾患、活動量の低下や栄養不足によって引き起こされるところなどがよく似ているため、フレイルとよく混同されていますが……。
サルコペニアなどによって筋力・身体機能が低下することで、精神的な問題をも引き起こしていくのがフレイルの特徴と言えます。

いわばサルコペニアは、フレイルの悪循環を構成するいち要素なのです。

フレイルの予防

フレイル
フレイルへの介入方法として挙げられるポイントは、以下の6つになります。

  • ・たんぱく質、ビタミン、ミネラルを含む食事
  • ・ストレッチ、ウォーキングなどの運動
  • ・身体の活動量、認知機能の定期チェック
  • ・感染予防
  • ・手術後のリハビリや栄養ケア
  • ・薬の種類に関する相談

たんぱく質、ビタミン、ミネラルを含む食事

フレイルの予防には、主食・主菜・副菜が揃ったバランスのいい食事が望ましいです。
その中で必要な栄養素を毎日の食事から摂取していきましょう。

主食:米、パン、麺類など
炭水化物を多く含むものです。
炭水化物からできるブドウ糖は脳の重要なエネルギー源になるため、必要な分はしっかり摂るようにしましょう。
主菜:肉、魚、卵、大豆製品など
たんぱく質を多く含み、身体を作るもとになるものです。
予防のためには、毎日の食事で体重1kgにつき1gのたんぱく質を摂るのがよいでしょう。
副菜:野菜、海藻、きのこなど
ビタミンやミネラル、食物繊維を含むものです。
身体の調子を整えます。

ストレッチ、ウォーキングなどの運動

転倒や骨折、寝たきりを防ぐために、足腰の筋肉を鍛える運動をしましょう。

  • ・一日5000~6000歩のウォーキング
  • ・一日6回3セットのスクワット
  • ・一日1分3セットの片脚立ち

など、無理のない範囲で転倒に気をつけながら行うようにします。

身体の活動量、認知機能の定期チェック

医療機関や家族も協力して、どのくらい外に出ているか・判断力は鈍っていないかなどに気をつけていきたいですね。

感染予防

高齢者の体力が一気に下がってしまうきっかけには、肺炎などの病気があります。
健常な人ならただの風邪やインフルエンザで済むものが、フレイル状態の場合はどんどん悪化していきます。
肺炎予防のため、インフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種を受けておきましょう。

手術後のリハビリや栄養ケア

病気やけがなどで入院したことをきっかけに体力が落ち、寝たきりになってしまうケースもよくあります。
手術のあとはリハビリをきちんと受けること、そして栄養バランスの整った食事を摂ることを心がけましょう。

薬の種類に関する相談

高齢者の方には、複数の病院に通ってそれぞれで薬をもらっているという人もいます。
しかし睡眠作用のある薬が重なったりすると活動低下に繋がる場合もあるので、薬の飲み合わせなどはお医者さんに相談しましょう。

編集部より

フレイル
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。
リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。

求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読