「AKA博田法」の効果とは?腰痛治療の口コミ・体験談、東京で受けられる院を紹介

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

テレビや雑誌などの数多くのメディアで取り上げられたこともあり、業界では有名な治療法「AKA-博田法。(「ひろたほう」ではなく「はかたほう」と読みます)
何十年も腰痛で苦しんでいる人を救ってきた、まさに救世主ともいうべき治療法です。

しかしながら、実際にはまだまだ一般の認知には至っておらず、良い治療法が見つからずに腰痛で困っている方が多くいらっしゃいます。
そこで今回は、そんな方々のためにAKA-博田法の概要についてご紹介したいと思います。

既にご存じの治療家の皆様も、ぜひこの記事を腰痛で悩まれているご友人の皆様にシェアしていただければ幸いです。

AKA-博田法とは

AKAとは、Arthrokinematic Approach(関節運動学的アプローチ)の略で、当初は動きにくい関節を動かそうとする目的(関節機能障害の治療)で博田節夫先生により、35年前に開発された治療法のことです。

腰痛の主な原因が関節の障害にあると考え、その動きを改善することで腰痛を治療します。

メリットとしては、身体にメスを入れなくてすむ点にあり、手術をする前にぜひ試しておきたい治療法です。

なぜAKA-博田法で腰痛が治るのか

よくいわれている腰痛の原因としては、

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症

などがあげられますが、AKA療法では、腰痛の大部分の原因は仙腸関節にあると考えています。

仙腸関節とは

仙腸関節とは、身体の真ん中の骨盤にある、腸骨と仙骨をつなぐ関節です。
可動域はわずか3mm~5mmほどしかないため、外見やレントゲンなどの画像診断でもほとんど動きが判らない部位でもあります。

この関節が2ミリ程度わずかに動くことで骨や筋肉にかかる衝撃を吸収しているため、出産した女性の腰痛の原因とひとつとなるともいわれています。

腰痛発生のメカニズム

疲れが溜まったりしていたり、転んだりしてしまうと、仙腸関節がねじれて動かなくなることがあります。
これを「仙腸関節の機能障害」と呼びます。
この仙腸関節の機能障害により筋肉の異常収縮を引き起こし、それが痛みやしびれとなって身体に現れてきます。

AKAの治療対象

前述のとおり、AKA療法では腰痛の大部分の原因は「仙腸関節」にあると考えていることから、治療対象は関節機能障害が原因の痛みの場合と、しびれや関節の動きが悪い場合となります。

すべての腰の痛みに効果があるわけではありません

AKA-博田法は関節機能障害を治す治療法であるため、それ以外の症状には無効です。

一方、AKA治療の適応でないものは、内臓の痛み、神経系の異常が原因の痛み、化膿性関節炎、新鮮外傷、悪性腫瘍等です。また、風邪で発熱している場合や女性の生理時には行わない方が良いと思います。
(出典:日本AKA-博田法医学会

AKA-博田法は整形外科の様々な病名・症状に有効ですが、すべてが良くなるわけではありません。AKA-博田法は関節機能障害を治す治療法のため、それ以外のものには無効です。一定期間AKA-博田法を受診しても症状に変化が無い場合、関節機能障害は原因ではありません。その場合、症状にふさわしい専門の医療機関をご紹介しております。
(出典:望クリニック

専門医や指導医の診察・治療が必要な理由

手術がどうしても必要な場合、また他の治療法を併用しなければならない重症の場合、そして命に関わる疾患が疑われる場合もあり、こうした場合は的確に診断し、次の対処を迅速に行う能力が必要になります。AKAはこうした重大な疾患に対して、診断的意義をも併せ持つという特徴があるため、一定の技術的水準をクリアーした専門医、指導医のもとでの診察、治療が必要になろうかと思います。
(出典:日本AKA-博田法医学会

施術内容

仙腸関節を中心とした関節の機能障害を徒手的(手を使って)に治療する方法がAKA-博田法です。
痛みの根本原因である仙腸関節の動きはわずか2~3mm程度のため、1mm単位で仙腸関節の動きを手で感じながら関節を動かし、機能障害を治療します。

「整体」などの言葉からよくイメージされるような痛みはなく、患者さんは軽く触れられている程度にしか感じないくらいの力ですので安心です。
料金はおおよそ1万~2万円ほどで受けられます。

「AKA-博田法」の体験談

施術者側の声も

AKA-博田法の治療を受けられる病院・クリニックは?

技術を習得した医師が在籍する日本AKA-博田法医学会のホームページにAKAの施術が受けられる病院が紹介されています。

今のところは各都道府県内には数件ほどしかなく、東京都だけでも8施設しかありません。
治療を求めて全国各地から患者さんが来るため、多くの施設では予約が何か月も先まで埋まっているそうです。

東京都内で治療が受けられる病院・クリニック名

東京 病院・クリニック名
足立区 梅田整形外科
参考:梅田整形外科の口コミ・評判
豊島区 望クリニック
参考:望クリニックの口コミ・評判
国分寺市 さくら医院
参考:さくら医院の口コミ・評判
目黒区 リハブ土田
参考:リハブ土田の口コミ・評判
江戸川区 医療法人社団こくわ会片岡整形・形成外科
参考:医療法人社団こくわ会片岡整形・形成外科の口コミ・評判
中野区 林整形外科
参考:林整形外科の口コミ・評判
江東区 ひらの亀戸 ひまわり診療所
参考:ひらの亀戸 ひまわり診療所の口コミ・評判
国分寺市 笠原整形外科
参考:笠原整形外科の口コミ・評判

千葉・神奈川・埼玉でAKA-博田法が受けられる病院・クリニック名

それぞれ、「日本AKA-博田法医学会」のホームページへリンクします。

(2015年2月3日現在で「日本AKA-博田法医学会」のホームページに掲載されている病院です)

編集部より

AKA博田法はミリ単位の体の動きを施術者が感じながら治療するため、非常に難易度が高く、まだまだできる人が少ない治療法です。
何万人もの患者さんを救うことができる「AKA-博田法」を習得した治療家が増え、この治療法が普及してより多くの人にこの治療法が知られるとよいですね。

新たなスキルを取得したい!と思ったら……

友だち登録でお得な情報をゲット!

友だち追加

セラピストが年々増加するのに伴って、リハビリ業界ではこれから生き残りをかけたセラピストの競争が起こるものと考えられます。
アピールポイントとなるスキルを取得するには、思い切って「違う領域に転職する」という手があります。

「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」……そうしたお悩みは、職場を変えれば解決することがほとんど。
PT・OT・STさんの転職は、無料転職支援サービス【リハビリのお仕事】にお任せください。

「研修制度充実」「勉強会参加のバックアップ」といった好条件求人から、あなたの希望に沿う求人をご紹介いたします。
履歴書の添削や面接対策、内部情報の調査や条件交渉など、面倒なことも

↓まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。徹底的にサポートいたしますよ!↓

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読