激動のセラピスト供給過多時代。最後に残るのは、技術ではなく「人」なのです

The following two tabs change content below.
むとうドットコム 代表、光プロジェクト株式会社 取締役。社会人経験後、作業療法士となり臨床経験5年目で老健副施設長に就任。自ら設計したひのき個浴で生活リハビリを推進、当時2割を占めた機械浴利用者をゼロにするなど、職員と力を合わせ施設の業務改善に尽力する。その後施設は地域でも一目置かれる存在に。現在は独立し、介護施設専門の業務改善アドバイザーやパソコンの修理販売の事業をするかたわら、ショッピングリハビリ®で全国展開をする企業の運営をし、多方面に活動を広げている。

武藤竜也

今年の春、私は雇用されて生きることをやめ、独立起業しました。
選んだ仕事は、医療介護業界専門のパソコン修理販売。そして、介護施設などの業務改善アドバイザー。
今の私は「作業療法士」というより、「作業療法士資格を持っている人」といったほうが合っているでしょう。
私の選択に、「作業療法士の資格を生かさないのはもったいない!」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし公的保険で安く受けられる作業療法を保険外で提供したとしても、世の中にマーケットはそれほど存在しません。
作業療法士の資格自体は、独立の強みにはならないのです。

作業療法士は「引き出し」でメシを食え


養成校でビジネスを何も学んでこなかった私たちが、ビジネスで成功するのは容易なことではありません。
結局、療法士の資格を生かすには、雇われなければ意味がないのです。

でも療法士でありながら、ビジネスに長けた人は存在します。
本当にセンスが良いというか天才というか……私自身、自分一人では思いもしなかったアイデアが実はゴロゴロしているのだなと感心しながら、そういう人達とお付き合いしながらビジネスを学んでいるところです。

また、作業療法士として培った知識・技術・経験などに関しては、独立にはかなりのアドバンテージになります。
一般の人では知らないことだらけの宝の山を、私たち療法士は皆手にしています。これをどう活かすかが勝負です。
つまり「資格」でメシを食うのではなく、持っている「引き出し」でメシを食う。
それが外での生き方になります。

では、その引き出しが十分なら外で成功するのかというと、そればかりが答えではないかもしれません。
実は今年、私が改めて重要だと思い知らされたことが、「人へ感謝する」ということでした。

雇われることを辞めたら、人との繋がりのありがたさに気付いた


先日、私がアドバイスしている介護施設で働く理学療法士に突然、「人への感謝の気持ちってどうしたら分かるのでしょうね?」と質問されました。
私は「雇われて働いていると、表面的にしか分からないかもしれないね」と答えました。
参考になる答えには、ならなかったかもしれません。

もちろん、私も雇われて働いていたときは、ご利用者さんやスタッフ、お世話になっている業者さんなどとのお付き合いは大切にし、ありがたく思っておりました。
私の場合、今でもそのお付き合いは続いているものが多いです。
しかしそれは当時の仕事上、必要だったからしていたお付き合いです。
仮にそのお付き合いがまったく無かったとしても、自分の給料に響くことは無かったでしょう。
ノルマが課せられた営業職とは違い、自分の生活には何の影響も及ぼしません。
そのような中では、人とお付き合い出来ることへのありがたさを理解するには、難しい部分があるように思います。

独立した今、私はおかげ様で沢山の仕事の案件を頂戴し、ほぼ休みなく毎日忙しくさせていただいております。
仕事のお付き合いから新たな別の人をご紹介いただき、仕事の輪が広がっております。
ときには経験のない仕事の依頼をいただくこともあるので、常に勉強の毎日です。
いろいろな方に声をかけていただけるというのは、本当にありがたいことです。

しかし今の私の場合、こうした人とのお付き合いが無くなれば、仕事の大半は無くなります。
すると収入が無くなります。皆様が私にお付き合いしてくださるから、生きられるのです。
非常に単純なことですが、それが真に身に染みて分かった今は、お付き合いくださる全ての皆様に「感謝」しかありません。
つまり私にとって「生きる」ことと「感謝する」ことは、深く結びついているのです。

働き方を変えたいなら、人への感謝を忘れずに


例えば、職場にはこういうスタッフがたまにいますよね。

  • ・あいさつが出来ない
  • ・協調性がない
  • ・自分は資格を持って偉いと勘違いしている

数え上げたらキリがないですが、今の私からみると、こういうスタッフは「生きる」ことを放棄しているようにすら見えます。
そして「良かったですね、あなたは守られた職場にいるからそれが出来るんですよ」と思ってしまいます。
このような人は独立しても必ず失敗するでしょうし、転職さえ難しいかもしれません。

もしあなたが、これから今とは違う別の働き方をしたいと思うのなら。
まずは普段、職場で関わっている人すべてに精一杯の「感謝」をしてください。
あなたがどんなに技術があって仕事が出来る人でも、人と上手に関われなくてはそれを生かすことは出来ません。
最後に残る大切なものは、何よりも「人」です。
これからの時代のセラピストに必要な条件に、「人に感謝すること」があるのは間違いないでしょう。

編集部より

リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」……
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。

「年収500万円以上」「管理職求人」といった好条件の求人も多数取り揃えております。
求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読