「認知症のリハビリ」徹底解剖!

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

認知症」。
後天的な脳の障害により、認知機能が低下していく疾患です。
高齢社会に向かっている日本では、認知症高齢者の数が年々増加しています。厚生労働省の調査によれば、2025年には認知症患者が700万人を突破する見通しだそうです。
今後、認知症の予防と改善は絶対に欠かせないものとなっていきます。

そこで今回は、「認知症のリハビリ」について改めてまとめました。

認知症リハビリの心構え

認知症 リハビリ
認知症患者さんへのケアで何が一番困るかといえば、せん妄や徘徊、物盗られ妄想、弄便(便を触ったり周囲になすり付けること)といった周辺症状
周辺症状の原因は、脳機能が低下している患者さんが「不快な刺激」を受けることで引き起こされると考えられます。
脳の神経細胞が破壊されて起きる中核症状とは異なり、周辺症状はご本人の性格や環境が中核症状に加わって現れるもの。
たとえば弄便は、オムツの中に失便した不快感を脳機能低下のせいで介助者に伝えられず、自分で何とかしようとした結果起こるものだと推測されているのです。

認知症患者さんへのリハビリを行う際には、5つの基本的ケア(起床・食事・排泄・清潔・アクティビティー)を徹底して、周辺症状の原因となる「不快な刺激」を取り除くことを第一にします。

認知症リハビリの効果

認知症 リハビリ
認知症には先述の通り、中核症状と周辺症状といった2つの症状があります。
中核症状である記憶障害や見当識障害、高次脳機能障害は、脳の神経細胞が壊れることで引き起こされます。
一度損なわれた神経細胞は再生しないため、失われた機能を取り戻すことは出来ません。
そのため、認知症の治療では残存機能を維持しながら、病状の進行を遅らせることがメインとなります。

一方周辺症状は、患者さんの不快感や不安によって引き起こされるものであるため、リハビリを行うことで改善を見込めます。
脳を活性化させたり、身体を動かすよう促したりして、患者さんが出来ることを増やしていきましょう。
自信を取り戻し、意欲的にさせることで、周辺症状の原因を取り除くことが出来ます。

脳を活発化させるリハビリ

認知症 リハビリ
認知症のリハビリには、脳を活性化させるものと身体を動かすものがあります。
ここでは脳を活性化させて病状を遅らせる・ADLの向上を目指すほか、眠っていた細胞を目覚めさせて機能改善を図るリハビリをご紹介いたします。

音楽療法

音楽療法には音楽を聴く「受動的音楽療法」と、自ら歌ったり楽器を演奏したりする「能動的音楽療法」がありますが、より身体を動かす「能動的音楽療法」の方が望ましいです。
患者さんが過去に親しんでいた曲で行うとよいでしょう。
歌うことで発声や発語・嚥下・運動機能が高まり、ADLの向上に役立つという側面があります。また合唱やセッションなどのグループ活動によってコミュニケーションが増えると、孤独から来るストレスが緩和され、うつ症状を防ぐ効果も期待出来ます。

回想法

回想法とは、患者さんから楽しかった記憶を引き出して、記憶力の改善や心の安定を図るリハビリ方法。
介護施設では作業療法士や精神科医の指導によって、グループで行われることが多いようです。
新しいことを忘れても昔のことは覚えている、認知症の特徴に着目したリハビリになります。
過去に使っていた生活品や昔の写真などを使って、当時の体験を思い出して語ってもらいましょう。

アニマルセラピー

認知症 リハビリ
アニマルセラピーは「動物介在療法」とも呼ばれる、動物とのふれあいによって精神的な癒しを受けるリハビリです。
動物に愛らしさを感じる、世話をしたいという気持ちを芽生えさせることで、落ち着きや主体性を取り戻すことが期待されます。
認知症の改善はもちろん予防にも効果をもたらします。
最近では動物に代わって、コミュニケーションロボットによって同様の効果を得ようとするリハビリもあります。

美術療法

絵画や折り紙、粘土細工などを制作するリハビリです。絵を描く対象に触れたり実際に触ったりして、五感を使うことで脳の活性化を図ります。
判断力や理解力の向上、心の安定など、総合的な機能改善を見込めるリハビリになります。

作業療法

認知症 リハビリ
料理や掃除、洗濯ものの片付けや買い物の軽い荷物持ちなど、家庭内の役割を担うリハビリです。手工芸や工作なども含まれます。
患者さんにとって、家族の役に立つことは大きな満足に繋がります
こうした作業療法を通じて自尊心の回復、順応性や判断力の改善を図ることが出来るのです。

リアリティ・オリエンテーション

リアリティ・オリエンテーションは「現実見当識訓練」と訳されるリハビリで、初期段階の認知症に有効とされています。
置かれている日時や場所が分からなくなる見当識障害を起こしている患者さんや、直近の出来事を忘れがちな患者さんが主な対象です。

リアリティ・オリエンテーションには、日常会話やコミュニケーションの中で見当識を補うヒントを与える24時間リアリティ・オリエンテーションと、グループに分かれてそれぞれの名前や今の日時・場所の情報を提供するクラスルームリアリティ・オリエンテーションの2種類に分けられます。

繰り返しの情報提供により記憶中枢に働きかけ、認知症の進行を遅らせる効果が期待されています。
またグループでの活動によりコミュニケーション能力を高める効果もあります。

学習療法

認知症 リハビリ
簡単な計算や読み書きなどの学習をすることで、脳の前頭前野に刺激を与えます。
簡単な学習を短時間ずつ継続して行うことで、効果を期待出来るようです。

アロマセラピー

その名の通り、アロマを使用するリハビリです。香りを楽しんだり、入浴時にお湯に入れたり、実施方法はさまざま。
睡眠に効果的であるラベンダーを使用することで、患者さんの昼夜逆転が解消したという事例もあります。
認知症の段階的な進行として、まず嗅覚に関係する神経がダメージを受け、そこから徐々に繋がっている海馬へ影響すると考えられています。
ゆえにアロマセラピーは、嗅覚神経を香りで刺激することで認知症の改善を行うアプローチになります。

アロマの香りにはさまざまなものがありますが、認知症に効果のあるアロマオイルはローズマリー・レモン・オレンジ・ラベンダーで構成されています。
昼はローズマリーとレモンを2:1で、夜はオレンジとラベンダーを1:2で配合して、二時間ほど使用することが勧められているようです。

タッチセラピー

手で患者さんの皮膚に触れ、撫でさすることで刺激を与えるケアです。
方法によっては血行の改善になるため、身体の動きもよくなると言われています。
心地よさで気持ちを安定させる効果もあるとされ、不安な気持ちから起きる周辺症状の改善も期待出来ます。

身体を動かすリハビリ

107240認知症 リハビリ
適度な運動を行って、大脳を刺激するのもリハビリのひとつです。
身体を動かすことで生活にリズムが生まれ、昼夜逆転や徘徊、抑うつ傾向が改善されます。
運動によって昼間に起きている時間が増える・ほどよい疲労感を得られるため、夜間の不眠やせん妄を減少させることが出来るのです。
また、身体を適度に動かして筋肉や関節の拘縮を防ぐことで、寝たきりにさせないことも可能です。

  • 散歩
  • ラジオ体操
  • リズム体操
  • 民謡体操
  • ストレッチ体操
  • 肩こり体操
  • ダンス
  • 運動療法(筋力強化、バランス訓練、関節可動域訓練)など

認知症リハビリのポイント

認知症 リハビリ
認知症のリハビリを行う上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

寝たきりにさせない努力をする

認知症の症状が進行して寝たきり状態にある場合は、まず座位で生活出来るようになることを目標にします。
座った体勢をキープすることはバランス感覚や心肺機能の向上に繋がり、体力増進のきっかけになります。
食事や排泄・車いすでの移動など、座った生活が出来るだけで、大脳にたくさんの刺激を与えることが可能です。

リハビリには「身体を動かす」「考える」「心の充足感」の3要素を

例えば料理や掃除・洗濯といった家事などは、考えながら適度に動く・そして他者との関わりを持てるものとして例に挙げられます。
身体面・精神面ともに快い刺激を与えることで、認知症の周辺症状を改善します。
他にも、患者さんが過去に仕事・趣味で繰り返してきた作業も効果的。昔から継続してきた動作は、認知症になっても覚えていることが多いのです。
目標を立てる際はその人に合った具体的な内容にすると、達成時の満足感が高まります。

リハビリを行う上での注意点

認知症 リハビリ
認知症のリハビリを行う際には、「患者さんの感情を尊重する」ことを何よりも意識します。
認知症になったからといって、患者さんから感情やプライドがなくなってしまったわけではありません。
本人がやりたいことを優先して、「リハビリは楽しい、心地いい」と感じてもらえるように工夫することが必要です。
心地よさを伴わないリハビリには効果を望めませんし、無理強いして嫌々行わせるのはむしろストレスになってしまいます。
リハビリを拒まれてしまった時には一度中止して患者さんの気持ちが落ち着くのを待つか、別のリハビリを検討しましょう。

~~~以下、専門職向けのコーナーです~~~

認知症リハビリテーションの加算とは?

認知症 リハビリ
医療の価格や内容を定めているのが、医療保険から医療機関へ支払われる「診療報酬」です。
1点につき10円換算で、すべての医療行為やリハビリ・検査に点数が定められています。
病院などの施設で行う認知症のリハビリで加算されるのは、1日につき240点
これは重度認知症の患者さんに対し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が1対1のリハビリを20分以上行った場合に算定します。
入院してから数えて一か月、週3回を上限とした計算です。

ちなみに認知症患者リハビリテーションを算定している患者さんについては、以下のリハビリについて別途加算を算定することは出来ません。

  • ・心大血管疾患リハビリテーション料
  • ・脳血管疾患等リハビリテーション料
  • ・運動器リハビリテーション料
  • ・呼吸器リハビリテーション料
  • ・障害児(者)リハビリテーション料
  • ・がん患者リハビリテーション料

認知症リハビリの加算に関する施設基準

J認知症 リハビリ
認知症のリハビリで加算が認められるのは、以下の上限を満たす施設になります。

1.認知症患者のリハビリを行うにあたって、十分な経験を持つ専任の常勤医師(※)が一人以上勤務している

※十分な経験を有する専任の常勤医師とは、

  • ・認知症患者の診療の経験が5年以上
  • ・認知症のリハビリについて、適切な研修(国・医療関係団体が主催する6時間以上の研修、専門知識・技能の習得を目的とした研修)を修了し、認知症リハビリの概要や非薬物療法、生活機能障害に関する講義・演習・実技を経験している

を指します。

2.専従で常勤の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が1名以上勤務している

ただし以下の病棟では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士との兼任が出来ません。

  • ・ADL維持向上体制加算・回復期リハビリテーション病棟入院料・地域包括ケア病棟入院料を算定する病棟
  • ・地域包括ケア入院医療管理料を算定する病室を有する病棟

3.治療・訓練を十分実施出来る専用の機能訓練室がある

専用の機能訓練室とは、認知症のリハビリ療法を実施する時間帯においてのみ「専用」であれば大丈夫です。
認知症のリハビリを実施する時以外なら、他の用途に使っても問題ありません。

4.認知症のリハビリに必要な専用器械・器具がある

患者さんの状態とリハビリの目的に合わせたものが、用意されている必要があります。

高齢者の増加に伴い、認知症患者も増えていくものと考えられます。
きたる2025年に向けて、認知症のリハビリ方法をあらためて把握しておきましょう!

参考にさせていただいたサイト
・認知症ねっと 認知症の中核症状と周辺症状(BPSD)
・一般社団法人神奈川県老人保健施設協会 リハビリテーション部会資料「認知症アプローチと認知症短期集中リハビリテーションの実践」(2011)

編集部より

リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」……
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。

「年収500万円以上」「管理職求人」といった好条件の求人も多数取り揃えております。
求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読