本当にすごいセラピストは「専門用語」を使わない!?

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

突然ですがあなたは、患者さんやそのご家族、あるいは介護職などの他職種から、リハビリの説明について「何を言っているのか分からない」と言われたことはありませんか?
あるいはこちらの意図が、相手に思うように伝わっていなかった経験は?

その原因、あなたがさらっと使ってしまっている「リハビリ職の専門用語」のせいかもしれません。

その言葉、同業者にしか伝わってません!

084162
たとえば「粗大筋力はGMTで下肢3~4……」なんて説明を、患者さんや介護職にしていませんか?
「粗大筋力」も「GMT」も「下肢3~4」も、リハビリ職であれば当たり前に通じる用語ですが、患者さんや多職種にとっては意味不明です。
「なんか難しいこと言ってる……」という印象しか残りませんし、その結果患者さんからの拒否を受けたり、臨床で苦労することも。
リハビリ職と介護職の間にある溝も、こうした理解の差から生まれるものです。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ職は、医学や解剖・生理学、運動学を一生懸命勉強して、知識を蓄えてきたプロフェッショナル。
上記の学問では小難しい単語がたくさん出てきますから、それを覚えていくうちに、つい難解な言葉を用いてしまう……という人も多いと思います。

しかし専門用語とは本来、同業者で通じる共通言語を持つことで、話をスムーズに進めるためのもの。
一般の方やリハビリ職以外を相手にする時は、それを分かりやすく噛みくだく変換能力が必要です。

相手に歩み寄る「翻訳」でコミュニケーションを取ろう!

146054
先ほど挙げた「粗大筋力はGMTで下肢3~4……」も、リハビリ職以外にも通じるように易しく翻訳することが出来ます。

粗大筋力:筋力のこと
GMT:Gross Muscle Testingの略。全体的な筋力動作を評価する。脳梗塞による片麻痺など、中枢神経系に障害があって個別の筋力を発揮出来ない患者の場合、個別の筋力を評価するMMT(Manual Muscle Testing)ではなくGMTを用いる
下肢3~4:GMTの評価レベルはおおむねMMTのものと同じ。0~5あるうち、人が健康な日常生活を送るには3以上の筋力が必要と定義されている。ここでは下肢の筋力を3~4と評価しているので、歩行可能と判断する

以上のことを踏まえた上で、このような言い換えをしてみてはどうでしょうか?

粗大筋力GMT下肢3~4……」
→「下半身の筋力は、全体的な筋力評価でいうと3~4と基準値より高めです。ご自分で歩ける力がありますよ」

相手に伝わるように説明する歩み寄りの姿勢が、セラピストには必要不可欠です。

「専門用語をたくさん知ってる」だけでは意味がない

118165
専門用語をどれほど正しく使えるかを勉強してきたセラピストにとっては、他の言い回しを探すことは大変かもしれません。
しかし本当に優れている人というのは、「難しいことを簡単に説明出来る」人のことを指すもの。
人に上手に教えられるということは、自分の中でしっかり用語の意味を理解出来ている証ですからね。

リハビリ職の専門性について患者さんやご家族、他職種にも分かるように伝えて、「すごい!」と言ってもらえたらそれは本物です。
ただ難しい話を得意げに披露して、相手が「何を言ってるのかよくわからない」と返してきたなら、それは専門性を認められたことにはなりません。

どんな言い換えをしたらいいの?

096505
専門用語を言い換える時の意識でおすすめしたいのが、「小学校4~6年生くらいの子を相手にしても、分かるように説明出来るか?」という視点です。
患者さんやご家族、他職種を子ども扱いしろという意味ではありません。相手の知識量や状況に合わせて、適切な情報量と言葉を選択して、優しく説明する意識が重要なのです。

言い換えのヒントにおすすめするのは、テレビやラジオでやっている健康情報番組です。一般の方を対象にしているため、誰にでも分かるような言葉が使われています。
噛みくだいた表現を使うことで、リハビリに対する患者さん自身の理解も深まります。より意欲的な姿勢でリハビリに向かってもらえることも期待出来ますね。

まとめ

いかがでしたか?
患者さんやご家族から深い理解を得ることはもちろん、他職種としっかり連携することもセラピストの仕事をする上で欠かせません。
細やかな気遣いの出来る、真の専門性を持ったセラピストを目指しましょう!

編集部より

リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」……
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。

「年収500万円以上」「管理職求人」といった好条件の求人も多数取り揃えております。
求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読