アレクサンダーテクニークとは?~身体の癖を正すメソッド~

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

アレクサンダーテクニークとは、自分の心身に必要のない反応を自覚して、それをやめていくことを学習する方法のことを言います。
思うように身体が動かないのも、活動中や活動後にひどく疲れてしまうのも、身体の使い方に癖があるから。
頭・首・背骨に緊張がなければ、人間は自由に力を発揮できる……と唱えているのが、アレクサンダーテクニークの大きな特徴です。
無自覚の癖によって該当部位を緊張させないよう、身体の使え方を見直すという目的があります。
主に背中や腰の痛み改善、事故後のリハビリテーション、呼吸法の改善、演奏や演技を妨げる癖の改善などに役立っているものです。

今回は「アレクサンダーテクニーク」についてご紹介いたします。

アレクサンダーテクニークの概要

アレクサンダーテクニーク
アレクサンダーテクニークは、オーストラリアでシェイクスピア作品を演じていた若き俳優フレデリック・マサイアス・アレクサンダーによって体系化されました。

ある時アレクサンダーは、舞台上で声を出せなくなる不調に襲われてしまいます。
役者として致命的なその現象は、医師の目をもってしても原因不明のものでした。
そこで彼が自ら原因究明に乗り出すと、声を出そうとする瞬間に、無意識的に首を緊張させてしまっていたことが分かったのです。
このため頭が重くのしかかり、声帯を圧迫していたのでした。

この発見をきっかけに、アレクサンダーは
頭・首・背骨の緊張がなければ、人間に生来備わっているはずの調整作用(プライマリーコントロール)が活性化される
と考えました。

無意識の習慣や癖によって本来必要のない反応を生じ、それが緊張に繋がってしまう。
そのため習慣的な反応を抑制することで、身体の不調に改善が見られる……というのが、基本的な考え方です。

アレクサンダーテクニークの方法

アレクサンダーテクニーク
自分自身の緊張は、習慣的・無意識的なためになかなか気付けないもの。
アレクサンダーテクニークを研究する教師のレッスンを受けることで、身体の癖を発見してもらい、改善することが出来ます。
以下はその一例です。

寝た姿勢での運動

仰向けに寝た姿勢で休み、背骨の長さ・身体の広さや長さ、奥行きを思い出します。
日常の緊張やストレスによって縮めていたところが広がって解放されるのにゆだねます。
そこから起き上がって立つと、歩く・座るといった日常の動きで、普段と違う動きをしやすくなります。
寝た姿勢でのワークはバランスの取り方を学び直すチャンス
腰やひざ、股関節に問題がある場合などにも効果的です。

立つ・座る・歩く

立っているところから座る、座っているところから立つなど……体勢を変える時の反応と動きを意識します。
自分の動きを見直したい時には、動きに入るときに一瞬待ってみましょう。
立つ・座る・歩くことを意識せずにやっている人も、動きを改めて見直すことで、頭・首・背骨をどう使っているかなど、自分の癖を見つけることができます

日常生活の姿勢や動き

日常生活のあらゆる動きに、アレクサンダーテクニークを生かすことができます。

例えばデスクワークでは、座位の時の頭と背骨・骨盤の関係・胴体と腕の繋がりなどを見ていきます。
それにより長時間机に向かって仕事をしても疲れにくい、集中が持続する姿勢の取り方が見つかるかも。

パフォーマンスの動き

歌手や音楽家の方へのレッスンでは、ワークをこなした後で実際に演奏してみます。
演奏以前の状態が変わることで、楽器の音や声の質が変わることがあるのです。
スムーズに大きな音、高い音・低い音が出せるようになったり、速いフレーズが演奏できるようになったりします。
余裕を持って演奏できるようになるため、表現力豊かに楽しくパフォーマンスをすることが可能になります。

他にも、

  • ・座る時、立つ時の重心バランス
  • ・力の使い方、抜き方
  • ・指先の使い方や腕の動き
  • ・楽器の構え方
  • ・ステージ上での緊張との付き合い方

などを見ていきます。
スポーツ選手などでも同様に、実際の身体の使い方から改善点を探していきます。

アレクサンダーテクニークの具体例

アレクサンダーテクニークでは実際にどのような指導をしているのか、まずは参考動画をご紹介いたします。

アレクサンダーテクニークでは深層の筋肉に働きかけるため、まずは教師の手を借りながら不要な動きを抑制します。
こうした指導を繰り返し、思うことと動きを一致させる経験が必要です。

アレクサンダーテクニークの効果

アレクサンダーテクニーク
アレクサンダーテクニークによって、どのような効果を得ることが出来るでしょうか。

身体の痛みの改善

肩こりや腰痛など、身体の痛みを解消できます。
外的要因ではない肩こり・腰痛の原因は、おおよそが無意識の姿勢によって身体を緊張させていること。
アレクサンダーテクニークではこの根本的原因である癖を解消します。

パフォーマンスの向上

歌・楽器演奏・演劇・スポーツなど、身体の使い方が大きく影響する分野でも、アレクサンダーテクニークは取り入れられています。
慣れれば慣れれるほど、パフォーマンスの際の動きにも癖がついてしまっていることがあります。
身体の動かし方が改善されるため、結果としてパフォーマンスに大きな差が出るのです。

アレクサンダーテクニークの対象者

アレクサンダーテクニーク
アレクサンダーテクニークの指導の対象となるのは、以下のような方々です。

身体の問題を改善したい

  • ・腰痛や肩こり、首の痛み、頭痛などが慢性的にある人
  • ・あがり症、緊張しやすい人
  • ・姿勢や歩き方に自信のない人
  • ・吃音やどもりの症状を持つ人

パフォーマンスを向上させたい

  • ・楽器演奏家
  • ・声楽家、歌手
  • ・騎手
  • ・俳優、声優
  • ・ダンサー
  • ・スポーツアスリート
  • ・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

編集部より

日本にいるアレクサンダーテクニークの教師はこちらから探すことが出来ます。
患者さんに対する治療はもちろんのこと、リハビリ職としての施術をより高度なものにするためには、学んでおいて損のないメソッドだと言えるでしょう。

スキルアップなら「転職」も選択肢の一つ

スキルアップを志すなら、今までとは違う環境に身を置いてみるのも一つの手です。
リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービス。
リハビリ職の転職支援を行っています。

「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」といったお悩みは、職場を変えることで改善されるケースがほとんどなのです。

リハビリのお仕事では「教育制度充実」「月給35万以上」といった好条件の求人を多数取り揃えております。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読