【国家試験の勉強法】「解剖学」「生理学」の単語が覚えられない…いまからでも間に合う暗記方法!

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

来年2月下旬から3月上旬にかけて施行される各種国家試験まで、あとわずかとなってきました。

「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」のそれぞれの試験科目は多岐にわたり、解剖学や生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、臨床医学大要、リハビリテーション医学etc と、覚えなければならないことが非常に多くあります。

国家資格の勉強がはかどる暗記法

既にご存知の内容が多いかと思いますが、ここで「記憶」についておさらいしてみましょう。

記憶のメカニズム

記憶には大きく分けて「長期記憶」と「短期記憶」があります。

長期記憶

半永久的に保持される記憶のことで、友人の名前や出身校名、自転車の乗り方などが該当します。

短期記憶

約15~30秒ほどの間、保持される記憶のことです。大体5~9つまでの数しか覚えられないといわれています。

短期記憶についての例として、つぎの文字列を暗唱できるように覚えてみてください。
電話番号と同じように8文字であるため、比較的覚えやすいと思われます。
「93564114」

では、こちらはどうでしょうか。
「935641148GZ20Q613」

すべて覚えるのは困難だったかと思います。
文字数が「17文字」と、短期記憶の容量の5~9の範囲を大きくオーバーしているためです。

それでは、つぎの文字の文字列ではどうでしょうか?
「R I G A K U S A G Y O U G E N G O 」

この羅列も先ほどと同様に17文字ですが、こちらは「RIGAKU」「SAGYOU」「GENGO」とことばの塊で区切れるので、長い文字の羅列でも覚えやすくなります。
語呂だと覚えやすいのは、このカタマリ1つでの記憶となるためです。

短期記憶を長期記憶にするには

人間は忘れる生き物

心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表した「エビングハウスの忘却曲線」というものがあります。

277px-ForgettingCurve.svg
出典:Wikipedia

なんと、人間は学習をしても

  • 20分後に42%
  • 1時間後に56%
  • 1日後に74%
  • 1週間後77%
  • 1ケ月後79%
  • もの記憶を忘れてしまうという実験結果が出たそうです。

    つまり、この実験結果からわかったことは

    • 記憶は、覚えた直後に半分近くは忘れてしまうものだ
    • 残った記憶はゆっくり忘れていき、それでも残ったものは長く保持される

    ということ。

    ですので、「人間は忘れる生き物」という前提で対策をとることが重要。
    その対策でもっとも効果的な方法が「復習」です。

    学習のうえではとても当たり前のことですが、激しい運動をしたあとにはストレッチを欠かさないように、記憶した後に復習を行うということは、とても大切なことなのです。

    記憶を強く書き込む

    記憶を定着させる方法としては復習のほかに、「人間は重要だと判断した情報は忘れずに覚えておく」働きがあるため、脳内のノートに強い筆圧で書き込むという方法もあります。

    効果的な暗記方法&復習方法


    SAKURAKO plays Karuta (Japanese playing cards). / MIKI Yoshihito (´・ω・)

    効果的な暗記方法

    1. 声に出して覚える

    ブツブツと単語を声に出しながら覚えると脳が刺激されるため、記憶が定着しやすいです。

    2. 絵や図で覚える

    身体の構造な一つ一つの「ことば」としてではなく、絵として覚えると楽です。
    身体の構造はもちろんのこと、機能などは矢印でフロー図を書いてみるなどして覚えるとよいです。

    3. 勝手に作曲して覚える

    覚えにくい単語は「大正漢方胃腸薬」のCMのようにメロディーをつけてみると、一気に覚えやすくなります。
    難しい単語は歌をつくって覚えてみましょう。

    4. 語呂で覚える

    たとえば「膝関節の屈曲時の運動」は、以下のような語呂をつかうと覚えやすいです。

    「曲がり角、コロコロ滑る」
    曲がり→屈曲運動時
    コロコロ→ころがり運動
    滑る→滑り運動

    参考:医療・介護 学生の為の語呂合わせ

    頭に情景が浮かぶような語呂をつくると、「2. 絵や図で覚える」の効果もプラスされるため、より忘れにくい覚え方となります。

    5. 感情を込めて覚える

    感情を伴った記憶は、初恋の人や部活での悔しい経験などをイメージしていただければわかるように、記憶に残りやすいものです。
    そのため実習のエピソードや、友達と夜遅くまで勉強しあった思い出などを記憶に添えて暗記するのがおすすめです。

    6. 身体を動かしながら覚える

    教科書にペンで下線を引いたり、解剖学のテキストにふせんをつけたり、ストレッチをしながら暗記をしたり…など、様々な方法で試してみるとよいでしょう。

    効果的な復習方法


    医学部図書館 / Yuya Tamai

    さきほどのエビングハウスの忘却曲線より、以下のタイミングで復習されるのがおすすめです。

    1. 覚えた直後
    2. 寝る前
    3. 翌朝に起床してすぐ
    4. 1日後の同時刻
    5. 1週間後
    6. 2週間後
    7. 1ヵ月後

    1日後には74%もの記憶を忘れてしまうため、とくに以下の4つのタイミングが重要となります。

    1. 覚えた直後
    2. 寝る前
    3. 翌朝に起床してすぐ
    4. 1日後の同時刻

    最期の総仕上げは「寝る」こと!

    国家資格取得を目指されている方は、勉強のほか体調管理も万全に整える必要がありますので、最後にこちらの重要な方法もご紹介したいとおもいます。
    お身体に気を付けて、合格に向けてがんばってください!

    「ちゃんと寝る」
    そして無事に資格を取得した際には、「リハビリのお仕事」で素敵な職場を見つけてくださいね。

    就職先を探すなら……

    PT・OT・STさんのお仕事探しは、無料転職支援サービス【リハビリのお仕事】にお任せください。
    新卒でも未経験でも募集している優良求人から、「研修制度充実」「勉強会の参加支援」といった好条件の求人まで多数取り揃えております。
    リハビリ業界に精通したキャリアアドバイザーが徹底的にサポート。まずはキャリアの相談だけでも大歓迎です。

    ↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

    この記事が気に入ったら
    いいね!

    最新記事をお届けします。

    LINEで購読