鍼灸師の私が患者さんに「再発しますよ」と言う理由

The following two tabs change content below.
東洋鍼灸専門学校卒業。鍼灸師。自身の苦い過去を今の患者には歩んでほしくないと思い、「治るとは」という事を常に考える。針治療の意味と意義と価値をゼロから創りだす為に日々励む。

「誰かを治す」。
そんな強い意識で物事を捉えた場合、視点は狭く、そして押し付けがましくなるかもしれません。
どのような症状であれ、患者自身が自己診断をしている場合もあるでしょうし、患者自身の判断で知らず知らずの内に症状を悪化させる要因を取り込んでいるかもしれません。

ですから、「そのような患者視点に立った視線を私たちが持ち、そのような状況下で来院されている」という事を今一度考え、患者と接する必要性があるのかもしれません。
どれだけ技術的、知識的に優れていたとしても、患者と接する上での柔軟性も併せ持たなければ治癒には至らないという点があります。

「再発しますか?」

相手も人間である以上、全ての取り組みが上手くいかないという事は、諸先生方も現場を通してご存知かと思います。
それは術者と患者との理解や意識の差、病態把握が異なれば、症状の発症部位と全く異なる箇所に対して処置をする事が患者の不信感にも繋がる場合もあるでしょう。
術前に説明をし、症状の改善が得られたとしても、そのような事態に遭遇する事はゼロではないはずです。
そのような不信を信頼に変える為にも、やはり術者側が柔軟性を保持しておかなければなりません。

「再発しますか?」

私自身、少し前までは1番聞かれたくない言葉でありました。
当時は「しっかり治せば再発しませんよ」と答えていました。確かに「しっかり治せば再発しませんよ」という言葉は事実ではあるのですが、人間という生き物は老化や損傷を蓄積している人間でもある以上、どこまで私の発言に責任を持てるのか、自問自答を繰り返していました。

肩こり、腰痛を一生再発しないようにすることは…

一般的には整形外科領域疾患を抱える患者が多いと思いますので、こちらを例に挙げますが、
肩コリや腰痛という症状を生涯に渡り一切発生させないようにする事は出来ないと思います。
肩を使えば肩は傷むし、腰を使えば腰は傷みます。

それでも尚、治療を繰り返す事で発痛レベルは低値で済みますし、少し休めば回復出来るようになる。
今までと同様の行動を取っていても痛まなくなったり、日常的な支障はなくなるかもしれません。
しかしながら、これらの症状軽快レベルに達したとしても、患者は「生涯に渡る無痛」というラインを望んでいる場合も少なくありません。

患者さんの発言の真意

この「再発しますか?」という患者が発した言葉の裏側にはどのような意味が隠されているでしょうか。

治療には患者側にも多くのコストが発生します。
治療院に来るために着替えをし、化粧をし、治療費を準備し、車や電車の交通費、徒歩だとしても、治療を受ける為に時間的拘束も絶対になります。
様々な努力を患者は払い、症状によっては何度も足を運んでもらわなければならないかもしれません。

そのような患者の努力の成果が実って症状が改善したとしても、再発したら全ての努力が水の泡となる。
そこを考えると、「再発しますか?」と発するのは不思議な事ではないでしょう。

それらを踏まえた上で、今の私は「再発しますよ」とサラッと言えるようになりました。
当たり前の事を正直に言えば、患者も納得しますし安心します。それが1つの信頼構築かもしれません。
全てを術者個人で患者を抱え込む行為は、患者にとっての幸福ではない事に気づきます。
患者にとっての最大限の幸福というものは、患者自身が掌握しているものであり、私たちが押し付けるものでも与えるものでもないという事にも気づきます。

勿論、針治療を通して患者の人生を変える事は出来るでしょう。
それは押し付けるとか与えるという表現ではなく、後押しをしたに過ぎないと考えています。
治療「なんて」、長い人生における単なる通過点にしか過ぎないのです。

患者の人生が変わる。私はそのような場面に何度も遭遇してきました。
患者の回復は患者だけの幸福ではなく、患者周囲の幸福にも繋がりますし、今後の取捨選択も患者自身が可能となりますので、仮に別なアクシデントに苛まれた際にも、安全に早期回復の手段を選択する知識も獲得する事も出来ます。

日常に原因があるならば、日常を変えよう

改めて思う事があります。
技術的や知識的なスキルの向上に向けての研鑽は大前提ですが、治癒に向けての取り組みの1つに「患者管理」があります。

それは入院もしておらず、仕事や家庭で損傷を繰り返しながら時間を送る方々にとっては極めて困難かもしれませんが、治療時間外での患者の取り組みは、早期回復を得られるキッカケ作りになります。
突発的な事故や怪我等の外傷性の症状は、針灸治療院という場所を選ぶ患者は少なく、多くの患者は日常生活を起因とする症状を持って来院します。
そこを考えた場合、辛辣な書き方をすれば、日常に原因がある以上、一時的にでも日常を変えてもらう事が早期回復に繋がります。

しかしながら、多くの患者は針治療を受けるという行為よりも、日常を変えるという行為を嫌うものです。日常を変えるという行為は自己否定にも繋がり、且つ、日常生活の指導を他者から指示される事も最も嫌います。

では、その部分を嫌われないように繋げる為にも又、柔軟性の高い術者である必要もあるのでしょう。

一言で言えば信頼を得る為には柔軟性も無ければ治療も成立しません。
それは、治療に対しての結果が必ず先行しなければ成立しない事かもしれませんが、それ以前に重要な事もあると気づいた為、幾つか列挙したいと思います。

日常を変えていただくために必要な5つのこと

  1. 既存の病態把握を持つ患者思考に関しては、一旦は否定しない
  2. 解剖~生理学的に鑑みた場合、明らかに悪化要因を取り込んでいる場合でも一度は受け止める
  3. ここに至るまで様々な治療を受けても改善していないという事実を改めて考える
  4. 何故、治療手段がある中、針灸治療という選択を取ったのかというバックボーンを知る
  5. どんな治療手段でも、作用を持たせる以上、副作用もある事を理解してもらう

特に私は(5)を重視しています。
「鍼灸 = 副作用がない」という考えを持つ方々は業界側、及び患者側でも未だ多くいらっしゃるようですが、作用を見込めば必ず反作用があり、私は然と患者に伝えています。

勿論、治療内容や患者の状態によっては副作用の出方は異なりますので個々に伝達内容は異なりますが、1例を挙げますと、私は最近、頸部神経系由来、脳神経系由来の諸症状にスポットを当てた治療を展開しています。

この治療を受けるに当たり、患者にお渡しする用紙に、以下のように書いています。
どのように判断されるかは患者に委ねておりますが、これを患者に教えるかどうかで決定的な差が出てきます。
針を刺すという行為である以上、発生事象の伝達は必要な事だと思います。
ご参考までにご覧になって下さい。

「治療内容・作用…頸部交感神経節近傍への処置、及び当該処置部位に対する機能維持・機能確保を求め、交感神経の異常亢進により発症している症状の改善を目的とします。治療により、脳内・肩背・上肢の血管拡張による栄養供給の安定化、脳神経系の包括的な機能回復が見込まれます

副作用(頻度は稀)…一時的な低血圧症状・内出血(数日でキレイに治ります)・数十分から数時間に渡る筋肉痛様症状・神経機能賦活化に伴う一時的な症状憎悪感覚」

このような事象をどれだけ患者に対して理解して頂き、浸透させるかが針灸治療の将来性にも繋がってくるものと思われます。

開業鍼灸師の役割

患者は「治りたい」というニーズは勿論ありますが、情報を求めているという側面もあります。
その為には常に情報を発信し続ける必要性も高く、納得してもらわなければ治療に足は運びませんし、続きません。

それらも含め、私たち開業針灸師の役割は非常に多岐に渡る事を、私自身も現場数を踏めば踏むほど多くの課題が見えてきます。

それは決して楽に乗り越えられる課題だけではないかもしれませんが、人の人生を左右させてしまうかもしれない治療現場に楽な課題なんて存在しないと考えれば、取り組み方も変われるものかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読