高齢社会のなかの針治療の開拓と発展に向けて

The following two tabs change content below.
東洋鍼灸専門学校卒業。鍼灸師。自身の苦い過去を今の患者には歩んでほしくないと思い、「治るとは」という事を常に考える。針治療の意味と意義と価値をゼロから創りだす為に日々励む。

手術以外の治療手段は保存的治療(保存的療法)と呼ばれます。

保存的治療の有名なものとしては、薬物治療、理学療法、作業療法、食事療法、心理療法、柔道整復術などがあり、針治療も保存的治療のカテゴリに分類されます。

保存的治療の垣根を超越する針治療

皆さまが見慣れている整形外科や内科(医科)に関しての多くはガイドラインが存在し、保険病名に基づいた上で全国一律に治療が受けられます。

しかしながら針治療にはガイドラインが存在しません。術者側の経験則から構築された治効理論や病態把握が異なれば、医療機関で告げられた疾患名に対しての解釈、術前術後の説明等は異なります。

では、当院の身体観等含め、考え方を僅かですが触れたいと思います。針治療は、感染症や内臓疾患を除いた様々な症状に適応し、主に整形外科領域疾患、自律神経症状に対し圧倒的なパフォーマンスを示し、他の追随を許さない程の作用を上げ続ける事が可能です。

針治療を受けながら、生活様式や栄養面の見直しで相当の回復・維持が見込まれ、(患者さんの年齢や受傷時期、薬物治療の有無などよって治療回数や治療期間は変動しますが)症状として自覚する事なく日常生活を過ごせるようになります。

手術の提案をされた各種疾患に関しても、針治療にて回避可能となる疾患も多く、既存医療の概念を払拭出来るキッカケにもなります。

一時的な痛み治療は患者さんのためにはならない

一時的な疼痛緩和や対処療法的手段は治療と考えておらず、有益な結果を患者に与えているとは考えておりません。

症状を抑えるだけの姑息な手段ではなく、症状を消滅させる治療方針を常に考察、検討します。発症部位ではなく原因部位にアプローチを行い続ける事で、経時変化による症状の収束を実感出来る理論を組み立て、患者自身が日常生活でも負荷動作、負荷姿勢の回避姿勢を形成可能となります。そのため、治療時間外における負荷も軽減され、治癒速度は向上していきます。

過去から現在に掛けての栄養摂取状態、服薬状況、セルフケア等々も見直しながら、回復過程の阻害因子や悪化因子を取り除いていくことで大きな成果に繋がります。

保存的治療と高齢社会

今後、人口減少と共に高齢社会は益々進み、高齢である事に責任を逃れていた「高齢であるが故の疾患」の数々に対しても、私達は逃げ場の無い状況に立たされます。

人は生まれた時から老いは始まり、様々なアクシデントを経験します。そのアクシデントの一つが「痛み」です。痛みこそ多くの随伴的合併症を患者周囲に生じる事になり、自身の肉体や精神のみならず、社会、経済、時間、家族、全ての接点に歪みは生じ、症状悪化の一途を辿った場合、負のスパイラルは暴走し始め、周囲を大きく巻き込みます。これらのスパイラルの根源を断ち切るのが医療となるのかもしれませんが、現行医療は患者を活かす医療かと問われれば、諸手を挙げて賛成は出来ない状況です。PEGやIVHで平均寿命は伸ばす事が出来たとしても、健康寿命は何処まで伸ばす事が出来るでしょうか。年々増え続ける医療費は健康寿命と比例する事もなく、国の財政は単なる食い物と化しています。

人は生まれた時から老いは約束されています。老いを約束されている以上、今からでも良い老い方を模索する必要はあり、患者個々が医療に対しての考え方を今から見つめ直す必要はあります。

「最期まで2本足で歩いて」というようなキレイ事は言いません。人間は途中途中でアクシデントを重ねる生き物であり、歯も無くなれば足も動かなくなる人もいます。まして、皆と同じように目や鼻や口や耳や手足が2本ずつ無くても、大切なのは日常という泥臭い毎日を送る中での自己の確立であり、自己の意思を自己が尊厳する事でもあります。日常には多くの誘導があり、多くの誘導を自身の意思で取捨選択出来る人間が、最期まで幸せに生きられる時代です。

標準治療が薬物治療であるが故の、発展の乏しい痛み治療の世界

さて、多くの方がご存じなことかと存じますが、医療は「不安」と「依存」で形成されています。不安を与えられ、依存を形成されたくないという自己の確立があれば、人は学び、人は知恵を付け、対策を練るものですが、「痛み」に関してはどうしても第三者に解決を委ねてしまう生き物です。医療化の弊害故かもしれませんが、これほどまでに痛みというのは心身を蝕み続る証拠でもあり、逸早く消してしまいたい忌々しい存在でもあるのです。しかし、「痛み」は可視化も客観的評価も出来ない、患者自身の体内で巻き起こっている事象であり、如何様にも第三者は責任を押し付ける事ができ、如何様にも責任を押し付けられる世界である事を再認識しても損はないでしょう。患者の痛みは誰にも分からないのです。故に、全ては推測であり仮説の世界で治療が施され続けている事を知らなければなりません。

痛み治療の理論と実践

痛み治療に関しては多くの理論が存在します。多くの理論が存在するという事は、全てが仮説の域を脱していない証拠です。

私の標榜している理論理屈も既存学問から抽出して構築している以上、仮説の域は脱しておらず、日々手探りで一歩ずつ模索し続けている状態である事には変わりありません。

日常的に幾らでも発症し得る可能性のある症状を消す為に、日夜鎮痛剤を飲んでいては身体が持ちませんし、耐性が付く以上、増量が進み依存も生じます。痛みを抱えた人間の最大欲求は如何なる手段でも痛みを消す事であり、一度でも薬物という手軽な手段で痛みが消えた感覚を覚えてしまうと、それは快楽に繋がり依存へと発展します。その頃には多くの器官に既に痛手を負っている事実を周知する義務のある人間は周知する事もありません。いつまでも薬を飲ませ続けているだけです。これでは痛み治療の発展がないのは当たり前であり、痛みに対して真摯に向き合う事のなかったしっぺ返しは必ず訪れます。

このような日常的に誰しもが発症し得る可能性を持つ諸症状が針治療で治るという事は、針治療を通して逆説的な視方をする事で、現行医療の診断定義の矛盾点を拾い集める事が出来ます。針治療というシンプルな治療手段は大きな力を秘めています。既成概念を覆す可能性は幾らでもあり、痛み治療に対して直接的に対峙出来る材料が揃っている針治療は学びが止まない学問でもあり、一生涯掛けてでも取り組むべき課題です。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読