「患者・利用者さんのために!」が多職種協働の目的にならない理由

The following two tabs change content below.
むとうドットコム 代表、光プロジェクト株式会社 取締役。社会人経験後、作業療法士となり臨床経験5年目で老健副施設長に就任。自ら設計したひのき個浴で生活リハビリを推進、当時2割を占めた機械浴利用者をゼロにするなど、職員と力を合わせ施設の業務改善に尽力する。その後施設は地域でも一目置かれる存在に。現在は独立し、介護施設専門の業務改善アドバイザーやパソコンの修理販売の事業をするかたわら、ショッピングリハビリ®で全国展開をする企業の運営をし、多方面に活動を広げている。

武藤竜也

皆さんはきっと、「患者・利用者さんのために」という気持ちで真剣にお仕事をされていると思います。職種を問わず共通のことですよね。きっとこんな話も聞いたことがあると思います。

「お金を払ってくれているのは患者・利用者さんなのよ!だから、その方々のために精一杯支援をしなさい!」。

現場で働いていると日々の業務に忙殺され、対象者本位の対応が疎かになることがあります。そうした対応を見直すために、どこの職場でも言われていることでしょう。特に異論はありません。

プロとして最高の技術を必要としている人に提供する。その対価を頂戴する。医療介護の業界に限らず、どこの業界でも当たり前のことですが、果たして、本当にお金を我々に支払ってくれているのは、患者・利用者さんなのでしょうか。

お分かりだと思いますが、お金を我々に支払ってくれているのは雇用者。ということは、我々プロがお相手するお客は、患者・利用者さんだけでなく雇用者も該当すると私は考えております。患者・利用者さんにご満足いただくのはもちろんですが、雇用者や上司にも満足してもらえる仕事を提供してこそ、病院や施設等で働くプロの専門職の在り方だと思います。

採用試験に合格し入職した当時は、「職場の役に立てるように働かせていただきます!」と言っていたのも束の間、いつしか「働かせていただく」が「働いてやっている」と考えが変わってしまう勘違いな人たちも少なくありません。

そういった人たちに限って言う言葉が「私は患者・利用者さんのために仕事をしている。この職場のためではない!」なんですね。何か意固地になってしまう出来事があったのでしょうか・・・。こうなってしまうと、上司の言うことは聞かない、他職種は目の敵、信じるのは自分だけとなり、職場の雰囲気をとても悪くします。皆さんの職場にはおりませんか?こういう勘違いな人。

病院や介護施設などの「組織」に属して働くということ

こういったことは、とくに医療や福祉マインドの強い方にみられるかもしれませんね。しかし組織に属する以上は、組織のルールを守り、皆で円滑な業務の遂行が出来るように全員が努力しなければなりません。我々はそれぞれが専門職であるがゆえにその道のことは深く学びますが、「組織に属して働く」ということをあまり学ばずに社会に出てきてしまっているように思います。そして、その組織自体も教育システムが未熟で統制が図れない、といったことが起きております。

組織というのは、ある目的を達成するために存在します。皆さんがその組織に属するということは、組織の目的を理解し達成するために寄与しなければなりません。

その目的とは、「理念」です。

皆さんは、自分の職場の「理念」はご存知ですか?恐らく、答えられる人は少ないと思います。私が別の業界にいたときは、理念を暗記し、毎朝朝礼で唱和させられたものでした。当時は理念の意味をよく知らなかったので、とても苦痛な時間でした。でも今、施設管理者となってその理念の大切さがよく分かるようになりました。その立場にならないとなかなか分からないものですね。

また、理念を知らずに働く人が存在する原因は、実は雇用者にもあります。雇用者がしっかり理念をスタッフに教えてあげなければ、知る由もないのです。理念に共感して就職試験を受ける人なんて、この業界にはまずいないでしょう(笑) 

理念を知らないスタッフばかりの職場は、理念が形骸化している可能性が高いです。それはもはや組織ではないですね。集団です。私もそういう集団化してしまった法人の悲惨さを聞いて知っておりますけどね。

多職種協働の目的を理解したあなたは、職場のリーダーになれる

多職種協働のためには、具体的な目的や目標を定めて共有する必要があります。理想は、法人の理念を現場に落とし込み、改善点などを具体化したものですが、もし理念が徹底されていない職場においては、皆さんで一つ共通の目的や目標を立ててみてください。

何故、協働するのか。どこに向かって進むのか。残念ながら、こうしたことが理解できない、協力できない専門職は組織には不要な人間です。

これに気付いて行動出来たあなたは、きっと職場のリーダーとなります。この機会に職場の理念を再確認してみるのもよいかもしれませんね。

あなたやあなたの職場は理念に沿った業務が出来ておりますか?

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読