鍼灸の普及にはブログの活用を

The following two tabs change content below.
鍼灸学生日記運営。鍼灸学生。親兄弟が理学療法士、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の医療系国家資格者。子供の頃から鍼やお灸が身近にある環境で育つ。祖父の初期認知症を期に鍼灸師を目指す。これからの時代は、SEO対策、動画配信(YouTube、ツイキャス)、出版、電子出版(Kindle)、治療院のホームページやブログ作成能力など、鍼灸+αの総合力を持つ必要があると考えている。

私はブログとTwitterを利用し、現在、いろいろな人たちと交流ができるようになりました。さらには、私自身や運営しているブログが記事で紹介されたり、ラジオ放送で私のことを話してくださる番組があったり、人と人との縁って凄いなぁと感じることができたんですよ。今回は、私が体験したブログとTwitterについてお話しさせていただきます。

ブログ運営の悩みはみな同じ

私は現在、「鍼灸学生日記」と「いちごパフェ食べたい」のブログを運営しています。ブログを更新しTwitterに記事の更新情報を知らせていたのですが、なかなか反響に結びつくことはできませんでした。そんな矢先、同じ時期にブログを開設したブロガーさんたちの集まりを知ったんです。

現在、私は鍼灸学生なのですが、将来のこと、勉強のこと、施術のこと、同級生と同じような悩みを抱えていたりします。それってブログでも同じなんじゃないのかな? と思って、ブロガーたちの会に参加したんですね。そしたら始めた時期が同じなのもあり、抱えているブログでの悩みも似ていることが分かりました。 

Twitterで交流して拡散

ほとんどのブログをやられているブロガーさんたちはTwitterもやられています。私はブロガーさんたちの会に参加したのをきっかけに交流してみました。相手の記事を読んで感想コメント付きでツイートするんですね。

自分のブログを例にしますと、手順はこんな感じになります。

20150801
・ブログ記事の上部もしくは下部にある「ツイート」のボタンをクリックします。

20150801b
・感想のコメントをして、ツイートボタンをクリックします。

上記手順によって、Twitterで記事の拡散をすることができます。私を含め、ほとんどのブロガーさんたちは自分の記事が誰に拡散されたかエゴサーチを利用して調べています。感想コメントに返信してくる人は多いと思います。

私の場合もこのようにして交流が始まり、気づけば自分のブログがTwitterで拡散されるようになりました。

ブロガー同士でつながる

ブロガーさんたちは定期的にオフ会を開催しているみたいなんですが、私もブロガーとしてオフ会に参加してきました。普段、Twitterでの交流だったのですが、実際に会うと違いますね。様々な業種の人たちがブログをやられていて刺激を受けましたし、ブログで分からないことがあったら直接質問することができるのは大きかったです。

私が先日参加したブロガーさんたちのオフ会は、特にブログをやられていなくてもOKみたいな感じでした。次回、関東でまたオフ会が開催されると思いますが、オフ会に参加してみたい人は私にご連絡ください。

ブログは治療家としての名刺になる

ブログをやっていて感じたのは、ブログは名刺代わりになるんですね。自分の活動を知ってもらいたいのならば、ブログという個人メディアを持つ必要があるのかもしれません。私はブログをやることで、これからも多くの人たちと交流し、出会うことができれば嬉しいですね。

そして、鍼灸の普及に繋げることができたらと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読