「開業」も療法士のキャリアアップの選択肢になる

The following two tabs change content below.
むとうドットコム 代表、光プロジェクト株式会社 取締役。社会人経験後、作業療法士となり臨床経験5年目で老健副施設長に就任。自ら設計したひのき個浴で生活リハビリを推進、当時2割を占めた機械浴利用者をゼロにするなど、職員と力を合わせ施設の業務改善に尽力する。その後施設は地域でも一目置かれる存在に。現在は独立し、介護施設専門の業務改善アドバイザーやパソコンの修理販売の事業をするかたわら、ショッピングリハビリ®で全国展開をする企業の運営をし、多方面に活動を広げている。

武藤竜也

これからの社会情勢を鑑みると、医療・介護報酬の削減に拍車がかかることは間違いなさそうです。そのなかで、いかに利用者・患者さんを幸せに出来るか。そして働く我々自身も幸せになるか。

これからは、こうしたことを経営側だけでなく、現場も一緒に考えて行動することが求められます。現場にしっかり寄り添える経営・管理者がいるかどうかも大切ですかね。きっとそうした団結力ある事業所だけが、今後生き残れるのではないかと私は思います。

視点低き療法士に告ぐ

そもそも我々の病院や施設等での仕事は、国の公的財源に依存する福祉事業ですから、営利企業と比較すると「お金を儲ける」という考え方はあまり相応しくないのかもしれません。

しかしながら、事業継続のためにはどのような事業であれ利益が必要です。にも関わらず、利益が出る部分は次の保険報酬改定時に報酬減額対象になりやすいです。多くの事業所がギリギリの経営(国の事業なのだから当然かもしれません)で繋いでいる状況で、あなたが「終身雇用」を信じて働いている人だったならば、それは考え方を改める必要があると思います。

多様な価値観、社会情勢の変化、療法士人口の増加、様々な要因が絡み合い、療法士業界では既に様々な変化が確実に起き始めております。昔は療法士資格を持っているだけで引く手数多だった。しかし今はどうでしょうか。このこと一つだけみても、時代の変化を肌で感じられるはずです。

リハビリ職はリハビリ業界でキャリアアップすべき?

さて、前回は管理職へのキャリアアップについて少し触れさせていただきましたが、キャリアアップは管理職昇進だけを指すものではありません。職業能力・経験(=キャリア)を活かしたり高めたりしていくことがキャリアアップですから、本当に誰でも出来ることです。当然、新人よりもベテランに必要なものではあるかとは思います。

では、今持っているキャリアをどう活かし高めていくか。その方向性は、今の臨床現場での働き方に更に積み重ねていっても良いですし、リハビリ業界とは全く違った方向にシフトしても良いのです。前者は今まで誰もがやってきたことです。でも、後者は未開拓といってよいでしょう。そこに我々の価値や可能性を見出すことは活動の場を広げるために非常に重要だと思うのです。

何事も、「何をやるか(=手段)」よりも「何故やるか(=目的)」を明確にすることがまず大切で、これはキャリアアップに関しても同様です。我々療法士であれば、「利用者・患者さんの役に立ちたい」「地域社会を良くしたい」と考えるのが自然だし当然のことです。

でもそれは視点を変えると、よくある臨床現場にだけ求めなくても実現出来ることではないでしょうか。今まで誰も考えつかなかった、もっと別のカタチでその目的を実現することは可能だと私は思っております。自分のスキルと新たな別の概念を融合させる。よくいわれるイノベーションですね。これから更に増える療法士達が広く活躍していくためにも、固定観念に縛られない考え方や行動方法を身に付ける必要性が大いにあると思います。

作業療法士が開業するということ

手前味噌で恐縮ですが、昨月私は副業での事業を開業いたしました。デイ?治療院?いえいえ、医療福祉業界専門のパソコン屋です。療法士としてのスキルではなく、元から持っていたスキルを活かして我々の業界をサポートしたいという想いから開業するに至りました。きっと全国初でしょう。

mutodotcom

削減されるばかりの保険報酬ですが、そのお金を出来るだけ利用者さんや働くスタッフのために使って欲しいので、事業所運営のコスト削減に協力したいと考えました。直接的でなく間接的にですけど、私の活動が地域のためになるはずだと信じてます。これから私の地域をメインに宣伝活動をしていきますが、本業を疎かにしないよう副業とのバランスをいかに図るかが今後の課題です。こうした活動もキャリアアップの一例といえるでしょう。

このように、キャリアアップにおいて「療法士として」という枠を取り払うと、もっと活動の幅を広げられる方はきっといると思います。「地域や人々の役に立つ」という目的を達成するために、あなたが出来ることはきっと沢山ありますよ。「私には何も無いから出来ないよ」と思うあなたは、自分のことを知らないだけかもしれません。もしかしたら昔の私のように知識ばかり詰め込んで使い切れていないのかも。

そんな未知のあなたを発見するための活動を、ATSSI(Association of Therapists for Solutions of Social Issue)という組織を結成して全国で進めてまいります。全国の私の仲間があなたを応援致します。ご興味のある方は是非下記リンクより覗いてみてください。

atssi

あなたのキャリアアップの考え方すら、変えてしまうかもしれません。セミナーは、東北・九州などの他地域開催も現在計画中です。

医療介護業界のキャリアデザインを考えよう

キャリアアップは、あなたのためだけでなく、あなたの周りの人の幸せの為にもあるべきです。

こういったことを知れば、切り拓く未来像は「独立」だけでなく、今の職場の改善や昇進にだって十分に活かせます。だって、目的は一つなのですから。その手段は多様にあるということです。ここまでくるともはや、キャリアアップというよりはキャリアデザインといったほうが適しているかもしれませんね。

私は、自分だけが勝ち抜くより、皆で勝つ・共栄するという考え方が好きです。そんな考え方で皆で生きたほうが楽しくありませんか?

※副業は、就業規則や各種届出など職場のルール・法律などを遵守して行って下さい。決まりを無視した行為は、療法士の社会的信用に関わる問題になりかねません。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読