治療の最後のその一瞬を意識したことはありますか?

The following two tabs change content below.
プライオンテーピング協会主任講師。神奈川県川崎市 バランス整骨院中原 院長。PT(理学療法士)、OT(作業療法士)向けのテーピングセミナーを開催。プライオンテーピング協会の前身である実践テーピング研究会にて主任講師を務める。6年間の活動で定期セミナー過去33回開催。その他病院、リハビリ施設、福祉施設への出張セミナー多数。受講生はのべ600名を超える。バスケットボール、フルコンタクト空手、フルマラソン、ウェイトトレーニング等の豊富な運動経験、元SEという経歴を活かした論理的かつ解りやすい解説に定評がある。現在は治療院経営以外にもセミナー活動、執筆活動、動画出演多数。

最新記事 by 野上浩一郎 (全て見る)

こんにちは。柔道整復師で実践テーピング研究会 主任講師の野上浩一郎です。
梅雨で気温や気圧の上下が激しい季節。こんな日は症状の強い患者さんが多いのでテーピングを重宝します。

テーピングは「貼る」も「はがす」も大切です

当会セミナーの特徴の一つ、テーピングの『はがし方』。
貼り方はもちろんですが、はがし方まで懇切丁寧に教えるテーピングセミナーは少ないです。

テーピングは皮膚に直接貼るものなので、皮膚が弱い患者さんは、はがし方によっては皮膚を痛めてしまうことがあります。特に高齢者は皮膚の弾力や水分が極端に少ないので細心の注意が必要です。

nogami06

患者さんに与える影響

技術的な話をすると、丁寧なはがし方をすることによって

・はがれやすい
・痛みがない
・毛が抜けない
・かぶれにくい

等のメリットがあります。

さらに心理的要素もあります。大事なことは患者さん視点。
テープのはがし方一つで

・優しい先生
・丁寧な先生
・大切に扱ってくれる先生

そんな印象を与えることが出来ます。

nogami01

最後の一瞬で治療家の評価は決まる

サービス業においてクロージングはとても重要。
せっかく、いい治療やリハビリ、接遇が出来ても、最後に雑なはがし方をしてしまうとそれだけで今まで積み上げた好評価をひっくり返してしまうぐらい破壊力があります。

飲食店で食事をした後、レジで会計が終わった瞬間にホールに走り去ってしまうスタッフ。
美容院で髪を切ってもらい、帰ろうとしたら見送りもなく次のお客さんと楽しそうに話す担当者。

どちらもメイン商品が良くても、最後の印象でとても損をしてしまいます。たかだか数秒の「一手間」。しかし、その一手間をクライアントは無意識レベルでも敏感にキャッチしています。

印象はスキルで創ることが出来ます。自分の一つ一つの行動や言動が与える影響を考えることで、患者さんの心身に全く違った反応が出ることは治療家の醍醐味でもありますね。

nogami08

最後までお読み頂きありがとうございました。

セミナー情報

2015年実践テーピング研究会セミナースケジュール
第30回2015年1月25日(日)
第31回2015年4月26日(日)
第32回2015年7月26日(日)
第33回2015年10月25日(日)
お申し込みはこちらから。
http://e-ptm.com/

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読