リハビリ患者のモチベーションを上げる方法

The following two tabs change content below.
株式会社メディケアソリューション代表取締役。2010年4月から約4年間、老健施設にて施設長を経験し、2014年8月に独立。理学療法士として地域リハビリに従事するかたわら、医療介護施設での研修・講演活動や、経営者・管理職のコーチングやコンサルティング、メールマガジン執筆YouTubeでの動画配信など幅広く活動している。著書「医療・福祉の現場で使える『コミュニケーション術』実践講座」(運動と医学の出版社) セミナーDVD「療法士のためのブレイクスルーコミュニケーション」も好評発売中。

鯨岡栄一郎

私は今も訪問リハビリテーションの現場にも出ておりますが、常に利用者さんの「意欲」や「動機づけ」というものに直面しています。

年を重ねることは、様々な生理機能の低下を伴います。

例えば、
1. 多病性、易感染性、難治性
2. 孤立的、抑うつ的、自信喪失、孤独感
3. 行動範囲の狭小化
4. 潜在的な低栄養状態

こういった要因があります。障害の有無に関わらず、ただでさえ元気になりづらい状況にあるのです。さらに長年の夫婦関係や介護疲れなどの要素が加わると、その意欲の減衰は計り知れません。
 
ただ、そのような状況だからこそ、リハビリのために定期的に訪問されることを、皆さんとても楽しみにされています。リハビリのための訪問、ということ自体に「場」と「感情」を変える意味がありそうなのです。そこで今回は、「意欲が下がり気味な利用者・患者さんへの効果的な関わり方」についていくつか提案したいと思います。

モチベーションが下がり気味な利用者・患者さんへの5つの効果的な関わり方

1. われわれセラピスト自身が元気であること

人は、「何」を言われるかよりも、「誰」に言われるかに反応し、影響を受けるものです。まず私たちセラピスト自身のコンディションが整っており、明るく前向きであることが前提条件です。

そういう状態だからこそ、余裕をもって利用者さんに対応できますし、より良い治療・リハビリのサービスを提供して差し上げることができるのです。ただ、元気を押し売りすることとは違います。相手に寄り添い、雰囲気を同調させることが大事だと考えます。

2. 常に応援する姿勢でいること

とにかく相手の可能性を信じ、応援するスタンスでいることです。

人は誰かに応援されているのだと感じると、前に進むことができます。ホッとし、自分の存在に確信が持てるのです。常に肯定的な声かけをし、励ますこと。仮に相手が後ろ向きな言動をとっても、ポジティブに意味づけをして相手に伝えてあげてください。

3. 真摯に受け留めること

無理に意欲を引き出そうとするのではなく、「今、どんなことを考えてるんですか?」「今、どんなことを感じてるんですか?」のように、今何を感じているかを聞いてみる。相手は今、気分が下がっているんだ、ということ自体を受け留めるのです。それを聞いてあげるだけでも、かなりの癒しの効果があります。

4. ユーモアの効能を活かすこと

 ぜひ利用者さんになにか冗談を言って笑わせてください。

以前もお伝えしましたが、笑顔には利用者さんの膠着した後ろ向きな思考パターンを遮断する効果があります。ご高齢の方は、普段の生活のなかで笑う機会はほとんどありません。ですので、あなたと接することは楽しい、という条件づけにもなるのです。

5. 褒める,変化点を伝えること

 「一見、改善したように見えるが、本人は全くそのように感じていない」ということがよくあります。自己効力感が著しく下がっている状態です。そこで、「この部分がこのように変わりましたよ」とフィードバックしてあげることです。それで初めて自分の変化を認識することにつながります。

見た目と実際の状態の間には、よくギャップがあります。一見やる気が無さそうに見えて、実はノッて運動して下さることも少なくありません。セラピストはどこが患者さんの動機づけの切り口になるかをよく観察する必要があります。

ときには厳しく接することも必要?

先日、ある研修会にて、リハビリによって劇的な回復を遂げられた片麻痺の患者様の講演を聴く機会がありました。そのなかで非常に意外だったのが、目覚めたきっかけが「担当セラピストの厳しい叱咤激励」だったということです。もちろん、ケースバイケースでしょうが、優しい言葉や共感ばかりでなく、ときには厳しめのアプローチが功を奏することもある、ということです。これは目から鱗でした。

 単なる世間話に終始するのではなく、相手の性格やコミュニケーションタイプに合わせた関わり方の工夫、治療を通じてできることはまだまだあるのではないでしょうか?

編集部より

リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」……
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。

「年収500万円以上」「管理職求人」といった好条件の求人も多数取り揃えております。
求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読