リハビリの際に意識すべき言葉使いのポイント

The following two tabs change content below.
株式会社メディケアソリューション代表取締役。2010年4月から約4年間、老健施設にて施設長を経験し、2014年8月に独立。理学療法士として地域リハビリに従事するかたわら、医療介護施設での研修・講演活動や、経営者・管理職のコーチングやコンサルティング、メールマガジン執筆YouTubeでの動画配信など幅広く活動している。著書「医療・福祉の現場で使える『コミュニケーション術』実践講座」(運動と医学の出版社) セミナーDVD「療法士のためのブレイクスルーコミュニケーション」も好評発売中。

鯨岡栄一郎

突然ですが、あなたは治療家、専門職として接することによって、相手を元気にさせられているでしょうか?それとも、意欲を失わせていないでしょうか?もし後者なら、それはあなたの“言葉使い”が原因かもしれません。

コーチングを一言で表すと、とても肯定的で前向きな関わりのことです。それ自体が力を生みます。もちろんスキルとしては色々とありますが、それ以前に関わり方そのものがとても相手に力を与えるのです。

人は否定語は理解できない

脳は否定形を理解することができないといわれています。例えば、「~しないように気を付けろ」「~は絶対にやるな」と言われると余計に同じミスをしてしまうのはこのせいです。「~するな」と言われても、人は否定語の前についている言葉(行動)をどうしても想起してしまうのです。

そこで、「背中を丸めて歩かないで下さい」を「しっかり前を向いて歩きましょう」、「歩く時足をすらないで下さい」を「足を地面からきちんと上げて歩きましょうね」というように、肯定形に変換するのです。これは認知症の方に対する関わり方も同様です。

リハビリテーションの場面では特にそうですが、指摘や注意、修正などが続くと、どんなに丁寧に言ったとしても、どうしても相手は委縮しますし、自信を失いがちになります。そこから頑張ろうという気にはなかなかなりません。

「ムントセラピー」を味方につける

いくつもアドバイスが連続してしまっても、患者さんの頭の中ではそんなに多くの助言を理解・咀嚼することはできません。ましてや、療法士側がヒートアップし怒り気味になったり、失望気味に言ったとしたら、なおさらでしょう。このときの患者さんの落胆は計り知れません。

何気なく声かけする場面でも、思わず力が湧くような言葉を使うと効果的です。例えば、「ぜひやりましょう」「大変よく出来ましたね」「この調子でいきましょう」「いい感じですよ」「バッチリですね」「やりますね~」「応援してますから」などのように、医療の現場でこういった言葉を使うことを「ムントセラピー」といいます。

こういう声かけが意図的にできるかどうかが、専門職としての存在感を大きく左右します。私はこれをとても大事にしています。

まずは人というのは疾患の有無にかかわらず、往々にして自信がなく、誰かに背中を押してもらったり、太鼓判を押してもらうことを欲しています。

患者さんにとっても、「大丈夫ですよ」そのひと言がどれだけホッとし、勇気づけ、次また頑張ろうという気持ちになるか、ということです。

否定から肯定のトーンへ変換

患者さんの話しを傾聴する場面でも、「まずは否定しない」ということがコーチングではとても大事になります。「なるほど」「確かに」「そうなんですね」と肯定的に受け止めます。この3つの言葉は万能です。

ここで「でも、」「いや、」「ですが、」などの言葉から切り出してしまうと、相手の思いを認めないことにつながり、これまできちんと傾聴し受け止めてきた関係性を無駄にしてしまいます。

以上の点について少し実践するだけですぐに変化が現れるのですが、そのくらい私たちの普段の生活では、肯定的な言葉が少ないとも言えるのです。

患者さんへの声かけで必要な視点

リハビリにこられる方は、痛みや障害を負い、動作が不自由になったり、生活が継続できなくなり、自信を喪失し、生きる希望を失ったりしています。いわば、自己効力感が非常に下がっている状態です。

しかし、こういった肯定的な言葉は、言い慣れていないとなかなか言えないものです。その背景には、「そんなことを言い切ってしまって責任とれない」「絶対に治るなんて根拠を示せない」という思いがないでしょうか。コツは、「根拠は後」です。

もちろんウソやハッタリを言え、というわけではないのですが、まずは言い切ってしまうこと。相手の可能性を信じるのです!

その前向きな言葉に、自己治癒力を高める「プラシーボ効果」もあります。これによって、自分が提供していることに確信が持てるようになりますし、何より、それを発している私たち自身に力が湧いてくるのです。

その状態で治療にあたったとしたら、どのような関わりになりそうでしょうか?

よく「言霊」なんていう言い方もありますが、肯定的な言葉にはそのぐらい力があります。ぜひ治療だけでなく、私たちは「言葉遣いの達人」になることも目指していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読