学生&若手トレーナーが2020年オリンピックに帯同する方法 その1

The following two tabs change content below.
『食える体育人』をミッションに活動中。スポーツを仕事にしたい!という若手・学生向けに小手先のテクニックではなく人間力と専門力の向上のための共育(きょういく)を行っている。運動指導・マーケティング・イベントプロデュースといった幅広い職務経験と関西人特有のノリとツッコミで講演・セミナーを展開。現在は国士舘大学トレーナー講座講師、㈶日本コアコンディショニング協会認定講師、学生若手トレーナー団体Golden Age Projectの総代表として全国を駆け巡っている。

僕、脇坂大陽がオリンピックにトレーナーとして関わるならこれをやるだろう。ここだけの秘密で書きたいと思う。(笑)

現段階でトレーナーの帯同していない競技を選びアプローチしていく。
サッカーや陸上は最初から狙わない。

だって無理だから。自分よりもキャリアも経験も豊富なトレーナーがいる。
確実にいる。

僕なら大番狂わせをしても勝てるかどうかわからない勝負に時間をかけるよりも、勝算のあるところで勝負をかける。

だからこそ誰もトレーナーをしていないような競技を狙う。

実際に指導をする際にやるべきことがある。

それはトレーナーの必要性を感じてもらうことだ。
 
ひとつの方法は、その競技でトレーナーがいる時といない時で競技力が変わることを数値として証明することだ。

そしてその数値の変化をチームの責任者に伝えアピールする。

監督かもしれないし部長かもしれない、チームの運営に関わっている人の理解を得られなければトレーナーとして公式に認めてはくれないだろう。

実業団であれ、プロであれ、草野球のチームであれ責任者に理解をしてもらえないようでは帯同は無理だと思う。

数値というふうに表現したが実際のには、トレーナーがついてからの競技の成績の変化、故障者数の増減、選手の個人個人の筋の柔軟性、筋力、可動域などを数値化する。

数値化、そんなの無理だよ・・・と言いたいのは分かる。
でも 数値化が出来ない=結果の証明が出来ない、ということである。

『何となくイイ感じ。』ではなかなか効果を実感してもらえない。

大事なのは数値化。目に見えるようにまとめる力もこれからのトレーナーに必要なスキルの1つになるかもしれない。

数値化以外に方法を上げるとすれば、その競技のトップ選手に

「トレーナーが必要だ!そして帯同トレーナーが欲しい!」

と言ってもらうようにする。

ただ選手に「言ってください!」とお願いしても言ってくれるはずがない。

大事なのは凡時徹底。普段から本気で選手に向き合っていくことだ。小手先じゃ誰も応援してくれないし、パートナーとして選んでくれない。

本気で選手に関わり本気で選手を応援する。その結果、本気で選手からも応援されるトレーナーになる。

数値化プラスで選手からの推薦をしてもらえれば可能性は広がる。マイナー競技かもしれないが日本代表への道は広がる。

きっと僕たちが普段見ないようなオリンピック競技も実際にはある。

その競技へアプローチすること。可能性の1つとしていかがだろうか?

次回のブログでは第二の方法。逆輸入トレーナーについて話したいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読