テーピングの大きな可能性が秘められているのは「皮膚」だ

The following two tabs change content below.
プライオンテーピング協会主任講師。神奈川県川崎市 バランス整骨院中原 院長。PT(理学療法士)、OT(作業療法士)向けのテーピングセミナーを開催。プライオンテーピング協会の前身である実践テーピング研究会にて主任講師を務める。6年間の活動で定期セミナー過去33回開催。その他病院、リハビリ施設、福祉施設への出張セミナー多数。受講生はのべ600名を超える。バスケットボール、フルコンタクト空手、フルマラソン、ウェイトトレーニング等の豊富な運動経験、元SEという経歴を活かした論理的かつ解りやすい解説に定評がある。現在は治療院経営以外にもセミナー活動、執筆活動、動画出演多数。

最新記事 by 野上浩一郎 (全て見る)

初めまして。柔道整復師で実践テーピング研究会主任講師の野上浩一郎です。

私は日々の治療業務で患者さんと触れ合う中で、テーピングの有効性を強く感じています。

そんななか、特に「リハビリ」の分野ではテーピングがあまり認知されていない現状を知り、リハビリに応用することでもっと普及できないかと考えて実践テーピング技術は作られました。

実践テーピング研究会とは、このテーピングの技術を医療業界に広めることで、業界の活性が出来ないか、この想いを実現するために当会は立ち上げられました。

固定するだけじゃない テーピングのさらなる可能性

テーピングと聞くと、「固定するモノ」というイメージが強いと思います。

nogamisama3

たしかに、捻挫など外傷の時はしっかり固定するために巻くこともあります。
しかし、テーピングは固定以外にも、機能向上、安定、組織の修復を促す効果を引き出すこともできます。
さらに筋肉に動きを記憶させたり、皮膚を導くことにより、痛みの軽減、可動域を広げたり、機能を安定させるなど、今まで出来なかったことが出来るようになったりもします。

テーピングは一般的に筋肉、靭帯、骨、関節等にフォーカスされますが、前述のとおり最も表層にある皮膚に大きな可能性を秘めています。

患者さんが本当に必要としているテーピングとは

この会を立ち上げるにあたって様々なテーピングセミナーに参加したのですが

  • ・高度な技術、熟練を必要とする
  • ・複数のテープを大量に使い、手間とコストが掛かる
  • ・実際に貼られてみると歩きにくい、動かしにくい

等、たくさんの問題点が見えてきました。

そこで、まずは患者さんと術者が「本当に必要としているものは何か」を考えることにしました。

考えた結果、

  • ・適切な部位に最低限の適切な刺激を与える事で、最大限の効果を出すテーピング
  • ・簡単で即効性があり、学んだその日から使えるテーピング

が必要とされていると気づき、これらの技術を考案し、セミナー等で公開しています。

nogamisama4

さいごに

連載の初回ということで、当会の成り立ちと実践テーピングのコンセプトについて、お話させて頂きました。

今後は日々の治療、セミナー活動で感じることをお届けさせて頂きたいと思います。最後までお読み頂きありがとうございました。

セミナー情報

2015年実践テーピング研究会セミナースケジュール
第31回2015年4月26日(日)
第32回2015年7月26日(日)
第33回2015年10月25日(日)
お申し込みはこちらから。
http://e-ptm.com/

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読