PT・OT・ST必見!履歴書の書き方のコツをつかんでライバルに差をつけよう

The following two tabs change content below.
リハビリのお仕事Magazineでは、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などリハビリ職の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、info@rehabili-shigoto.comまでどうぞ。

職種キーワード:理学療法士作業療法士言語聴覚士

履歴書の書き方についてはたくさんの情報が検索で見つかりますが、以下のところでつまづいたりはしていませんか?

「履歴書に貼る証明写真はこれで大丈夫だろうか……?」
「志望動機は何て書いたらいいんだ……?」
「本人希望欄には正直に給料○○万円、年間休日○○日と書いてしまっていいのかな?」

実はこれらのポイントで、履歴書の仕上がりには大きな差がつくのです。
ライバルに負けないために、また希望する就職先に入れるよう、「履歴書の書き方のコツ」をしっかりと掴んでおきましょう!

目次以外の「経歴(学歴)」「資格・免許」「趣味・特技」などの基本的な履歴書の書き方については、「転職お役立ちガイド」の「履歴書作成のポイント」を参考にしていただければと思います。

理学療法士 履歴書

履歴書で一番初めに目につくのは「顔写真(証明写真)」

履歴書写真
最近では街中のスピード写真機器も高性能にはなってきていますが、しかし良い表情をしているか?髪型があっているか?といった個人に対することは、機械は教えてくれません。
そのため、写真屋さんで撮ってもらうのが無難です。


高付加価値型証明写真機 / kimi-

身体の悩みを理学療法士に任せるのと同じこと。餅は餅屋、写真の悩みは写真のプロに任せましょう。

履歴書用写真の撮影料金のだいたいの相場は、
カメラのキタムラ:1550円~
フォトスタジオ&ヘアメイク STUDIO250:1620円~
となっています。(2015年1月16日現在のホームページの情報より)
数千円から利用できるので、ぜひご検討ください。スタジオで撮った写真は、より綺麗に加工してもらうことも出来ますよ!

好印象に見せるためのチェックポイント

採用活動においての第一印象になる証明写真。綺麗に見せるコツのチェックポイントを以下にご紹介します。

次の3大チェックポイントのとおりにするだけで、驚くほどグッと印象が良くなりますよ!

    【証明写真3大チェックポイント】

  • 目力のある表情になっていますか?

  • eyes / Scinern

  • 口元の口角は上がっていますか?

  • [ Red Lips ] / Rachele Pettarelli Ph

    (男性は凛々しい口元もOK)

    lips / PinkMoose

  • 綺麗な姿勢で映っていますか?
  • あごが上がりすぎていたり、下がりすぎていませんか?首が傾いていませんか?

    105/365 – What People Call “A Bad Picture” / Helga Weber

特に理学療法士や作業療法士は、患者さんの身体に触れて言葉を交わす「接客仕事」です。
なにより「清潔感があること」「健康的であること」が求められます。
誰だって不潔に見える人には自分の身体を触ってほしくありませんし、不健康そうな人から治療のアドバイスをもらっても信用できませんよね。
上記の3大チェックポイントを守り、写真から清潔感・健康さが伝わるようにしましょう。

また、他にも以下のようなポイントがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    【証明写真その他チェックポイント】

  • ・清潔感のある髪型になっていますか?
  • ・目に髪がかかっていませんか?ヘアスタイリングはしていますか?
  • ・万が一、写真が剥がれてしまっても誰のものかわかるよう、裏に名前は記入してありますか?
  • ・3か月以内に撮影したものを使用していますか?

志望動機の例文のコピペではダメ?

履歴書志望動機

「内定ゲット確実!理学療法士(PT)の志望動機の書き方」「内定をゲットできる作業療法士(OT)の志望動機の書き方」「内定をもらえる言語聴覚士(ST)の志望動機の書き方」にてご紹介したとおり、中身がないもの・自分の頭で考えていない文章はNGです。
仮にそれで書類選考を通ったとしても面接で素性がばれてしまうため、しっかりと考えてから文章作成にとりかかりましょう。

求人票の内容や会社のホームページなどをよくチェックして、相手の求めていることを把握することが大切です。
その後は、特に以下のポイントに気を付けて志望動機の文章をつくっていきましょう。

  • ・なぜその病院・施設などで働きたいと思ったのか、その考えに至った経緯
  • ・自分のこれまでの経歴やストーリーを交えているか、それが首尾一貫しているか
  • ・過去にどのようなことを行ってきたのか、これからどのようなことを行いたいのか、それは企業の求めるものと合致しているのか
  • ・入社したらどのように貢献してきたいのか、どのような貢献ができるのか

本人希望欄は要注意

履歴書本人希望欄

本人希望欄には、希望職種以外は「御社規定に従います」と記載するのが最も無難です。
どうしても譲れない条件があり、「会社が最低限それを守ってくれない限り、断固として入社はしない」という強い要望がない限りは、上記のようにしておきましょう。

まずは書類選考を通過する必要がありますので、初めから相手にとって厳しい条件を突きつける必要はありません。
給与や待遇などの条件面は面接時に交渉する方法もありますので、無難にしておくのが最善です。

よくある疑問

転職活動を初めてから気づく「気になる点」についてご紹介します。

履歴書の種類はどれがいいの?

履歴書には「JIS規格」「一般用」「転職用」「パート/アルバイト用」などの種類があります。

JIS規格の履歴書は学歴・職歴欄が多く、「キャリア・スキル」をアピールしやすい用紙フォーマットになっています。
一般用では自己PR欄が大きく、職歴が少なくてもそれを補完するようにアピールが可能です。

このように、アピールポイントによって適した履歴書の形式を選び、使い分けるとよいですね。

履歴書はパソコンで作成したものでもいい?手書きはダメ?

応募する施設にもよりますが、最近は手書きの履歴書を指定する病院や施設は少なくなってきています。
しかし設立から長く続いている病院などの場合、手書きの履歴書提出を求めることもあるようです。

面倒ではありますが「履歴書は手書きが無難」だと認識するのが吉ですね。

<参考>
証明写真でキレイに写るポイント(フォトスタジオナビ)
本人希望記入欄の書き方

【こちらの記事もおすすめです】
療法士の面接でよく聞かれる質問例【徹底対策】
「内定ゲット確実!理学療法士(PT)の志望動機の書き方」
「内定をゲットできる作業療法士(OT)の志望動機の書き方」
「内定をもらえる言語聴覚士(ST)の志望動機の書き方」

編集部より

リハビリのお仕事】はPT・OT・ST専門の無料転職支援サービスです。
「今の職場で成長を実感できない」「昇給が見えなくて将来が不安」「休日がもっと欲しい」……
そんなお悩みをもつPT・OT・STさんの転職は、リハビリのお仕事にお任せください。

「年収500万円以上」「管理職求人」といった好条件の求人も多数取り揃えております。
求人のご紹介から履歴書の添削、面接対策や条件交渉など、転職成功まで徹底的にサポートいたします。
まずはキャリアのご相談からでも大歓迎です。
リハビリ業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

↓まずはこちらのフォームからご登録ください↓

某療法士系有名サイトや協会のウェブサイトには掲載されていない好条件の非公開求人(ご紹介可能求人例:年収500万円、土日休み、残業なし、管理職求人など)のご紹介も可能です。
人気の求人は応募が殺到してすぐに募集が締め切られる可能性がありますので、まだ求人を探しているという方は、ぜひお早めにご登録ください。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読