自己分析の仕方

「自己分析」とは、転職活動の第一歩。これまでの経験を改めて振り返り、整理することで、自分の価値観や強み、弱みなどが見えてきます。では、どうすればうまく自己分析できるのか。そのポイントをご紹介します。

■自己分析のコツ

1.時系列で紐解いてみる
前職での出来事はもちろん、学生時代にまで遡り、時系列にして、その時に起きたトピックスを思い出してください。自分の年表を作るイメージです。思い起こしたら、それぞれのトピックスの詳細を書きだします。特に考えてほしいのは、「なぜそうしようと思ったのか」。私たちは、何かに挑戦しようとする時、行動しようと思った時、何かの選択をします。「なぜその選択をしたんだろう?」「なぜそうしようと思ったんだろう?」と考えてみてください。そこで見えてくるのは、あなたの「価値観」です。なぜ自分が、数ある職種の中で、治療の仕事に就こうと思ったのかが見えてくるはずです。
2.「人より優れているところ」を探す必要はない
また、前職でのことを振り返り、「誰に」「どんなことを」「どんな方法で」という視点を基本に、経験した業務を書き出して整理してみましょう。それをもとに、身につけた能力を考えます。この時点で「能力といえるものはない」と思ってしまう人も多いようですが、 大切なのは人より優れているところを見つけることではなく、「どんな意識・姿勢で取り組み、成長してきたか」を振り返ることです。
3.周囲に聞いてみる
自己分析は、突き詰めようと思えばどこまでも突き詰められるもの。行き詰ってしまったら、身近な人に「自分はどんな人間か」を聞いてみてください。自分のことを知っている人(家族、友達、恋人、職場の先輩、同僚…他)の目線から見ると、案外自分では気付かなかった新しい発見があるものです。また、独りよがりな自己分析になることを防ぐこともできます。
 

いかがでしたでしょうか。
自分を理解して誰かに伝えられるようになると、面接の通過率もグッと上がります。
まずは自分に向き合って、自分を理解することから始めていってみてくださいね。

>>その他の転職はじめてマニュアルを見る

  • 自己分析の仕方
  • 良い求人の選び方
  • 履歴書作成のポイント
  • 職務経歴書作成のポイント
  • 面接必勝マニュアル
  • 円満退職のコツ

【好条件な非公開求人】多数あります

ご登録からご入職までの流れ

採用ご担当者様へ

リハビリのお仕事は、広告掲載費0円。採用するまで費用がかからない完全成功報酬制で採用成功をお手伝いします。\まずはお電話ください!/03-6673-8452

転職お役立ちガイド

  • これで安心!はじめての転職活動講座転職活動のコツがつまった理学療法士さん・作業療法士さん専用ガイド。上手な履歴書の書き方など、転職の第一歩から、面接での話し方や服装の注意点まで、はじめての転職で押さえたいポイントを解説します!

このページのトップへ