ブログを書く癖が、あなたの立派な武器になる

The following two tabs change content below.
鍼灸学生日記運営。鍼灸学生。親兄弟が理学療法士、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の医療系国家資格者。子供の頃から鍼やお灸が身近にある環境で育つ。祖父の初期認知症を期に鍼灸師を目指す。これからの時代は、SEO対策、動画配信(YouTube、ツイキャス)、出版、電子出版(Kindle)、治療院のホームページやブログ作成能力など、鍼灸+αの総合力を持つ必要があると考えている。

石川ユーリオです。今回も、ブログの重要性について書いていきたいと思います。
鍼灸師には開業権がありますので自分の治療院や鍼灸院を開くことができますが、開業するにあたって、自院のホームページは必須になるのではないでしょうか。
おそらくほとんどの鍼灸師は、鍼灸治療院のホームページを開設しています。
ホームページの作成は業者にデザインを注文するか、自作するかになります。最近の傾向としては、ブログ型ホームページが主流になってきているようです。

業者の手を借りようとするから、ブログの敷居を高く感じる

鍼灸学校で学んで感じたのは、鍼灸学生の中ではホームページやブログ運営に興味がある人が少数派であるいうことです。
「素人がきれいなデザインでホームページを作るのは難しいから……」と、業者に頼んでホームページを制作してもらう人が多いのではないでしょうか。
私もブログ運営はしていますが、見栄えのいいデザインのホームページを作成する能力はありません。しかし私がワードプレスで運営しているブログは、ブログデザインを業者に頼んで制作してもらったわけではないのです。「マテリアル」という無料配布のデザインテンプレートを使っているだけ。
マテリアルのデザインはパソコン・スマホどちらから閲覧しても見栄えがいいので、とても満足しています。
つまりわざわざ業者に頼まなくとも、綺麗なデザインのホームページは簡単に作れてしまうのです。
ブログ運営に対して「慣れていないから」と尻込みする気持ちも、薄れてきませんか?

あらゆる話題を「告知」に繋げる

鍼灸治療院を周知し集客するためには、今の時代その鍼灸治療院のホームページは必要不可欠です。存在を知ってもらうために、GoogleやYahoo!の検索からホームページに訪れてもらわなければなりません。
ブログ型ホームページであれば、検索に引っかかりやすい記事を書くことで、より多くの人に知ってもらえる機会が増えます。
ほとんどの鍼灸学生は、鍼灸の勉強はしていますが、ブログを書く訓練はしていないように思われます。
そこで私が推奨したいのは、学生時代からブログを書く訓練をしておくこと。そしてどの記事が検索で引っかかりやすいのか分析すること。
こうした取り組みは、自分の治療院を開業した後で大きな武器になると思います。

あくまで私の経験ですが、ブログを書き続けることにより、キーボードを叩くスピードは向上します。必要書類などの作成も、短時間で文章を書けるようになれば楽になるかもしれません。
ブログと言っても、大それたものを書こうとしなくていいのです。治療院の近所で食べた、ラーメン屋の食事レポでも構いません。
一例になりますが、おそらく近所のラーメン屋を検索する方は、その近辺に住んでいる方が多いのではないでしょうか。記事の終わりに鍼灸治療院の宣伝も掲載しておけば、検索からブログを読んでラーメン屋を訪れた人に、「ラーメン屋の近所に鍼灸治療院があるよ!」とアプローチすることもできます。

ブログは使い方しだいで、自分の鍼灸治療院を知ってもらうための武器になるのです。
それではさいごまで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。

LINEで購読